ご挨拶


情報通信技術研究交流会”(通称“ACネット”)は、旧 通信総合研究所 関西先端研究センター(現 情報通信研究機構 神戸研究所 未来ICT研究所)の設立を機に、 情報通信技術に携わる技術者間の相互交流を通じた関西、ひいては日本の活性化を狙って1990年に設立されました。 “高度な情報通信”の英訳【 Advanced Tele-Communications (AC)】を名前に冠したACネットは、ACが“交流” (Alternating Current)にも通じることから、まさに情報通信技術に携わる人たちのヒューマン・ネットワークの輪を広げ、世界の情報通信技術の活性化に向けた活発な活動を行って参りました。 実際、設立以来長年にわたる継続的な技術講演会や見学会等の活動は、 関西におけるヒューマン・ネットワークの維持、促進、情報通信技術に関するタイムリーな情報提供や啓発活動にと、少なからぬ役割を 果たしてきたと自負しています。 今日、ICTは、我々の生活をより豊かにするために、幅広い分野の知恵を結集させ、未来志向の技術を生み出すための広範囲の技術分野であることが求められています。AC・Netが、そのような未来志向の知恵の結集の場となるよう、皆様のお力添えを得ながら、私も微力ながら尽力させていただきたいと存じますので、どうぞよろしくお願いいたします。

  • NICT