電磁波研究所 English Version
トップページ 較正業務 国際活動 研究紹介 研究成果 資料、解説集 施設 リンク お問合せ
情報通信研究機構 > 電磁波研究所 > 時空標準研究室

 お知らせ

NICTは、平成15年度から実施してきた総務省からの受託研究 『準天頂衛星システムの研究開発』を、2012年3月30日をもって終了しました。

 標準時と周波数の標準は情報通信の基盤であるとともに、学術、産業、そして安心安全な社会生活の基盤として欠かせないものです。

 NICTはこの周波数標準の値を定め、標準時を日本全国へ通報するという重要な役割を持っています。
 この任務を果たすため、日本標準時と周波数標準の発生・維持・供給を中核に、世界の標準時、周波数標準への貢献、 超高精度を目指す基礎的先端的な研究から、産業や社会生活への利用を目指す実用的な研究までを幅広く行っているのが当研究室です。

 基礎的、先端的な研究では原子時計や時刻標準の開発、精密時間周波数計測、国際時刻比較の研究と、これらの応用技術として精密空間・位置計測、 宇宙測位の技術開発などを行っています。また実用に向けた研究開発では、電波や有線ネットワークによる、時刻周波数の配信技術、 電子商取引などのための電子時刻認証技術などの研究開発を行っています。

時空標準研究室長
花土ゆう子

*紹介ビデオ
時空標準-究極の時計を目指して-
ダイジェスト版(約7分) 字幕付き
*YouTubeのNICT Channelにジャンプします。


 What's New.

2016.07.08 プレスリリース 平成29年(2017年)1月1日(日)に「うるう秒」調整を行います
2014.08.20 プレスリリース 新しい高精度マイクロ波原子時計の開発・試作に成功
2014.04 時空標準研究室の藤枝美穂、熊谷基弘、両主任研究員及び井戸哲也研究マネージャーが「都市間敷設光ファイバによる光基準信号の伝送・比較技術の開発」で市村学術賞貢献賞を受賞しました。
2013.04 経営企画部 細川瑞彦部長、時空標準研究室 花土ゆう子室長、今村國康 研究マネージャー、熊谷基弘 主任研究員、伊東宏之 主任研究員が、「正確さと信頼性を高めた標準時システムの開発」で文部科学大臣賞(科学技術賞開発部門)を授与されました。
2013.02.07-08 2013/02/07-08まで、小金井本部でNICT光標準ワークショップが開催されました。
2012.02 第11回IVS技術開発センターシンポジウムが開催されました。(2012/02/23)
2011.11-12 2011/11/30から12/3までNICT小金井本部でAPMP TCTFの CMC Workshopが開催されました。
2011.08.04 プレスリリース 光格子時計の精度を世界で初めて光ファイバで結び実証
2011.07.05 トーマス・ホビガー研究員が2007年から2011年の国際測地学会のサービスへの貢献を評価され、国際測地学会フェローに任命されました
2011.05.23 トーマス・ホビガー研究員が「宇宙測地技術における電波伝搬の高精度補正に関する研究」で坪井賞を受賞
過去の記事はこちら