研究業績


著書



    欧文

    このページのトップへ
  1. Yamamoto, D. (Ed.)
  2. Genetics of Sexual Differentiation and Sexually Dimorphic Behaviors

    Advances of Genetics vol. 59, Academic Press, London, 2007: 274 pp. (September 1st)


  3. Yamamoto, D.
  4. The Neural and Genetic Substrates of Sexual Behavior in Drosophila. In: Genetics of Sexual Differentiation and Sexually Dimorphic Behaviors.

    Advances in Genetics Vol. 59, Academic Press, London, 2007: p.39-66.


  5. Yamamoto, D.
  6. Genetic and molecular analysis of canoe, a pattern formation locus of Drosophila melanogaster

    Basic Neuroscience in Invertebrates, 1996: p.111-121


  7. Yamamoto, D.
  8. Molecular Dynamics in the Developing Drosophila Eye

    Chapman & Hall/Springer, In: New York, 1996: 172pp.


  9. Yamamoto, D. and Miyamoto, H.
  10. Genetic and molecular analysis of canoe, a pattern formation locus of Drosophila melanogaster.

    In: Basic Neuroscience in Invertebrates, H. Koike Y. Kidokoro, K. Takahashi and T. Kanaseki (eds). Japan Scientific Societies Press, Tokyo. 1995: p.111-121.


  11. Yamamoto, D.
  12. Modulation of glutamate-mediated transmission by second messenger systems at the neuromuscular junction of the mealworm.

    In: Bioinformatics. Information Transduction and Processing Systems from Cell to Whole Body. O. Hatase and J. H. Wang, (eds). Elsevier Science, 1989: p.331-334.


  13. Yamamoto, D. and Suzuki, N.
  14. Patch-clamp analysis of single chloride channels in primary neuronal cultures of Drosophila.

    In: Molecular Basis of Drug & Pesticide Action. G. G. Lunt, (eds). Elsevier Science Publishers, In: Amsterdam, 1988: p.375-381


  15. Sattelle, D. B. and Yamamoto, D.
  16. Molecular targets of pyrethroid insecticides.

    Adv. Insect Physiol., 20, 1988: 147-213.


  17. Yeh, J. Z., McCarthy, W. A., Quandt, F. N. and Yamamoto, D.
  18. Single-channel analysis of the action of Na channel blockers 9-aminoacridine and QX-314 in neuroblastoma cells.

    In: Molecular and Cellular Mechanisms of Anesthetics. S. H. Roth and K. W. Miller, (eds), Plenum Publishing Co. In: New York. 1986: p.227-241.


    和文

    このページのトップへ
  1. 山元大輔
  2. 遺伝子と性行動:性差の生物学

    東京 : 裳華房, 2012 : 202pp.


  3. 山元大輔
  4. 行動はどこまで遺伝するか, 訳 韓国語版

    韓国:Baba Publishing Co., 2012 : 206pp.


  5. 山元大輔(主編)・夏敏
  6. 3日で分かる脳,訳 中国語版

    中国:上海技朮文献出版, 2012 : 219pp.


  7. 小出剛・山元大輔 (編著)
  8. 行動遺伝学入門 動物とヒトの“こころ”の科学

    東京 : 裳華房, 2011 : 217pp.


  9. 山元大輔
  10. 浮気をしたい脳:ヒトが「それ」をがまんできない, 訳 韓国語版

    韓国:Yu Ri Jang Literacy Agency, 2010 : 263pp.


  11. 嶋田透,嶋田正和,竹田敏,鎮西康雄,寺山守,山元大輔
  12. 最新応用昆虫学

    東京:朝倉書店, 2009: 253pp.


  13. 山元大輔
  14. 脳を刺激する習慣

    東京:PHP研究所,2009:182pp.


  15. 山元大輔訳. G.K.H. Zupanc
  16. 行動の神経生物学

    東京:シュプリンガー・ジャパン, 2007 : 276pp. 9月14日


  17. 山元大輔
  18. 性行動制御遺伝子

    樋口輝彦, 神庭重信, 染矢俊幸, 宮岡等(編):KEY WORD 精神 第4版, 東京:先端医学社, 2007 : 182-183. 8月10日


  19. 山元大輔
  20. 浮気をしたい脳

    東京:小学館, 2007 : 223pp.


  21. 山元大輔
  22. 行動はどこまで遺伝するか

    東京:ソフトバンククリエイティブ株式会社, 2007 : 206pp.


  23. 山元大輔
  24. 男は匂いでえらびなさい

    東京:K.K.ベストセラーズ, 2007 : 185pp.


  25. 山元大輔
  26. 昆虫生理生態学

    河野義明,田村貞洋(編)東京:朝倉書店,2007年3月15日:61-65pp


  27. 山元大輔
  28. 心と遺伝子

    東京:中央公論 ラクレ新書, 2006 : 254pp.


  29. 山元大輔
  30. 睡眠リズムと体内時計のはなし

    東京:日刊工業新聞社, 2005:115pp.


  31. 山元大輔
  32. 男と女はなぜ惹きあうのか

    東京:中央公論 ラクレ新書,2004:251pp.


  33. 山元大輔
  34. においと行動遺伝学

    和田昌士,山崎邦郎(編):においと医学・行動遺伝,東京:フレグランスジャーナル社,2004: 234-249.


  35. 山元大輔
  36. 女と男の行動と遺伝子

    山内兄人(編):女と男の人間科学,東京:コロナ社,2004:19-29.


  37. 山元大輔
  38. 行動の生得的発達

    三橋 淳(編): 昆虫学大事典,東京:朝倉書店,2003:603-612.


  39. 山元大輔
  40. 図解雑学 記憶力

    ナツメ社,2003: 227 pp.


  41. 山元大輔訳. S. ジョーンズ
  42. 超図解 目からウロコの遺伝・DNA学入門

    東京:講談社,2003:185pp.


  43. 山元大輔
  44. ショウジョウバエ遺伝学を用いた老化研究

    石川冬木(編):老化研究の最前線,東京:シュプリンガーフェアラーク東京,2002:49-57.


  45. 山元大輔
  46. ショウジョウバエの性指向性を決定する遺伝子

    吉岡亨,市川一寿,堀江秀典(編):ニューロシグナリングから知識工学への展開, 東京:コロナ社,2002:103-117.


  47. 山元大輔
  48. ショウジョウバエ

    北川高嗣,須藤修,西垣通,浜田純一,吉見俊哉,米本昌平(編):情報学辞典,東京:弘文堂,2002: 103-117.


  49. 山元大輔監修
  50. 3日でわかる脳

    東京:ダイヤモンド社,2001:236pp.


  51. 佐倉 統,中島秀人,上田紀行,山元大輔,澤口俊之
  52. ヒトはまず「愛してる!」と叫んだ?

    東京:同胞舎,2001:63-116.


  53. 山元大輔
  54. 恋愛遺伝子

    東京:光文社,2001:231pp.


  55. 山元大輔
  56. 遺伝子の神秘 男の脳・女の脳

    +α新書,東京:講談社,2001:235pp.


  57. 山元大輔
  58. 心の遺伝子

    瀬名秀明(編):神に迫るサイエンス,東京:角川文庫,2000: 73-118.


  59. 山元大輔.編
  60. 行動の分子生物学

    東京:シュプリンガーフェアラーク東京,2000:162pp


  61. 日垣隆,山元大輔,榎本知郎,松井豊,松本元
  62. 愛は科学で解けるのか

    新潮OH文庫,東京:新潮社,2000:11-55.


  63. 山元大輔
  64. 性行動を制御する遺伝子fruitlessの研究

    日高敏隆,松本義明(監修):環境昆虫学. 行動・生理と化学生態学.東京:東京大学出版会,1999:85-99.


  65. 山元大輔
  66. ショウジョウバエに夢を追う

    「実験医学」編集部(編):実験室の小さな生き物たち,ひつじ科学ブックス.東京:羊土社,1999: 18-23.


  67. 山元大輔
  68. 脳が変わる

    ひつじ科学ブックス, 羊土社.1999:140pp.


  69. 山元大輔
  70. 行動を操る遺伝子たち─本能と学習の接点をさぐる─

    岩波科学ライブラリー, 1997:126pp.


  71. 山元大輔
  72. 脳と記憶の謎

    講談社現代新書,東京:講談社(韓国語版、中国語版を含む),1997:236pp.


  73. 山元大輔
  74. ニューロンの発生運命決定機構の分子生物学

    ブレインサイエンス最前線’95.東京:講談社サイエンティフィク,1994:82-93.


  75. 山元大輔
  76. 本能の分子遺伝学

    東京:羊土社,1994:124pp.


  77. 山元大輔訳.G.M.シェパード
  78. ニューロバイオロジー

    東京:学会出版センター,1990:574pp.


  79. 池庄司敏明,山下興亜,桜井宏紀,山元大輔,正野俊夫
  80. 昆虫生理・生化学

    東京:朝倉書店,1986:262pp.


  81. 小原嘉明,山元大輔訳.J.P.エバート
  82. 神経行動学

    東京:培風館,1982:348pp.


  83. 山元大輔
  84. 昆虫の神経生物学

    石井象二郎(編): 昆虫学最近の進歩,東京:東京大学出版会,1981: 157-174.


  85. 山元大輔
  86. 神経(作用点)

    深見順一(編):農薬実験法1,東京:ソフトサイエンス社,1981: 179-194.


このページのトップへ

Designed by CSS.Design Sample