研究業績


総説



    欧文

    このページのトップへ
  1. Sato, K., Tanaka, R., Ishikawa, Y. and Yamamoto. D. (2020)
  2. Behavioral evolution of Drosophila: unraveling the circuit basiss.

    Genes. Neurosci. 11(2), doi:10. 3390/genes11020157.


  3. Sato, K., Goto, G., and Yamamoto. D. (2019)
  4. Sex mysteries of the fly courtship master regulator Fruitless.

    Front. in Behav. Neurosci. 13:245, doi:10.3389/fnbeh,2019.00245


  5. Ote, M., and Yamamoto. D. (2019)
  6. Impact of Wolbachia infection on Drosophila female germline stem cells.

    Curr. Opin. Insect Sci. 37:8-15, doi:10.1016/j.cois.2019.10.001


  7. Sato, K., and Yamamoto. D. (2019)
  8. The mode of action of Fruitless: is it an easy matter to switch the sex?

    Genes, Brain and Behav. e12606, doi:10.1111/gbb.12606.


  9. Yamamoto, D. and Kohatsu, S. (2016)
  10. What does the fruitless tell us about nature vs. nurture in the sexual life of Drosophila?

    Fly 11, 139-147. doi: 10.1080/19336934.2016.1263778


  11. Sato, K. and Yamamoto, D. (2014)
  12. An epigenetic switch of the brain sex as a basis of gendered behavior in Drosophila.

    Adv. Genet. 86, 46-63.


  13. Yamamoto, D., Sato, K. and Koganezawa, M. (2014)
  14. Neuroethology of male courtship in Drosophila: from the gene to behavior.

    J. Comp. Physiol. A 200, 251-264.


  15. Yamamoto, D. and Koganezawa, M. (2013)
  16. Genes and circuits of courtship behaviour in Drosophila males.

    Nat. Rev. Neurosci. 14, 681-692.


  17. Yamamoto, D., Kohatsu, S. and Koganezawa, M. (2013)
  18. Insect pheromone behavior: fruit fly.

    Methods. Mol. Biol. 1068, 261-272.


  19. Yamamoto, D. and Ishikawa, Y. (2013)
  20. Genetic and neural bases for species-specific behavior in Drosophila species.

    J. Neurogenet. 27, 130-142.


  21. Ito, H., Sato, K. and Yamamoto, D. (2013)
  22. Sex-switching of the Drosophila brain by two antagonistic chromatin factors.

    Fly 7, 87-91.


  23. Yamamoto, D. (2008)
  24. Brain sex differences and function of the fruitless gene in Drosophila.

    J. Neurogenet. 22, 309-332.


  25. Yamamoto, D. (2007)
  26. The neural and genetic sbstrates of sexual behavior in Drosophila.

    Adv. Genet. 59, 39-66.


  27. Yamamoto, D., Usui-Aoki, K. and Shima, S. (2004)
  28. Male-specific expression of the fruitless protein is not common to all Drosophila species.

    Genetica 120, 267-272.


  29. Yamamoto, D. (2001)
  30. Reverse genetics and future genomics: implications for reverse genetics – Introduction to special section.

    J. Neurogenet. 15, 145-146.


  31. Lukacsovich, T., and Yamamoto, D. (2001)
  32. Trap a gene and find out its function: toward functional genomics in Drosophila.

    J. Neurogenet. 15, 147-168.


  33. Takahashi, K., and Yamamoto, D. (2001)
  34. Drosophila embryonic dorsal closure and the role of Canoe protein.

    Recent Res. Devel. Mol. Cell. Biol. 2, 175-191.


  35. Lukacsovich, T., and Yamamoto, D. (2000)
  36. Functional genomics in Drosophila melanogaster by gene-trapping.

    Curr. Genom. 1, 323-338.


  37. Yamamoto, D., and Nakano, Y. (1999)
  38. Sexual behavior mutants revisited: molecular and cellular bais of Drosophila mating.

    Cell. Mol. Life Sci. 56, 634-646.


  39. Yamamoto, D., and Nakano, Y. (1998)
  40. Genes for sexual behavior.

    Biochem. Biophys. Res. Commun. 246, 1-6.


  41. Yamamoto, D., Fujitani, K., Usui, K., Ito, H. and Nakano, Y. (1998)
  42. From behavior to development: genes for sexual behavior define the neuronal sexual switch in Drosophila.

    Mech. Dev. 73, 135-146.


  43. Yamamoto, D., Komatsu, A. and Jallon, J.-M. (1997)
  44. Genetic dissection of mating behavior in Drosophila melanogaster.

    Annu. Rev. Entomol. 42, 551-585.


  45. Yamamoto, D., Ito, H. and Fujitani, K. (1996)
  46. Genetic dissection of sexual orientation: behavioral, cellular, and molecular approaches in Drosophila melanogaster.

    Neurosci. Res. 26, 95-107.


  47. Yamamoto, D. (1994)
  48. Signaling mechanisms in induction of the R7 photoreceptor in the developing Drosophila retina.

    Bioessays 16, 237-244.


  49. Yamamoto, D. (1993)
  50. Positive and negative signaling mechanisms in the regulation of photoreceptor induction in the developing Drosophila retina.

    Genetica 88, 153-164.


  51. Yamamoto, D. (1985)
  52. The operation of the sodium channel in nerve and muscle.

    Prog. Neurobiol. 24, 257-291.


  53. Washio, H. and Yamamoto, D. (1981)
  54. Effect of curare on the insect neuromuscular junction.

    Adv. Physiol. Sci. 22, 59-68.



    和文

    このページのトップへ
  1. 山元大輔 (2019)
  2. 脳の性別とは?-ニューロンの性差をつくる仕組みを、ショウジョウバエから探る

    Academist Journal


  3. 山元大輔 (2015)
  4. フェロモンと性行動--ハエとヒトは同じか―

    AROMA RESEARCH 16(3) 271-275


    li class="authors">山元大輔, 佐藤耕世. (2014)

    「越境する性」の生物学

    科学 84, 736-744.


    i class="authors">下山晴彦(編),山元大輔 (分担執筆)(2014)

    ショウジョウバエの行動遺伝学.

    『誠信 心理学辞典 新版』誠信書房.792-800.


    li class="authors">山元大輔. (2014)

    生物の窓, 同性に求愛するハエ

    現代化学 No525、36-38.


  5. 濱田(川口)典子,山元大輔 (2014)
  6. チ ロシンキナーゼBtk29Aはショウジョウバエの卵巣のニッチにおいてWntシグナル伝達系を増強することにより生殖幹細胞の増殖を停止させる

    ライフサイエンス 新着論文レビュー


  7. 山元大輔 (2013)
  8. 遺伝子、脳、そして恋愛

    まなびの杜 65, 5.


  9. 山元大輔,佐藤耕世 (2013)
  10. 雌型脳と雄型脳

    Brain and Nerve 65, 1147-1158.


  11. 伊藤弘樹,山元大輔 (2013)
  12. 性行動の違いを生み出す分子機構

    化学と生物 51, 686-692.


  13. 伊藤弘樹,山元大輔 (2012)
  14. ショ ウジョウバエの転写因子Fruitlessに拮抗的に結合する2種類のクロマチン制御タンパク質のはたらきにより単一の性的二型ニューロンがつくられる

    ライフサイエンス 新着論文レビュー


  15. 山元大輔 (2011)
  16. 昆虫の性差はここまでわかった

    生物科学 62, 203-211.


  17. 古波津創, 小金澤雅之, 山元大輔 (2011)
  18. 同定介在ニューロンP1の強制活性化による雄の性行動の解発とP1のフェロモン応答性

    Aroma Research 12, 139.


  19. 古波津創, 小金澤雅之, 山元大輔 (2011)
  20. ショ ウジョウバエの雄特異的な介在ニューロンは雌への接触により活性化され定型的な求愛行動の引き金をひく

    ライフサイエンス 新着論文レビュー


  21. 鳥羽岳太, 小金澤雅之, 山元大輔 (2010)
  22. ショウジョウバエの性行動を生み出す脳の仕組み―フェロモン受容から行動の司令まで―

    Aroma Research 11, 40-43.


  23. 鳥羽岳太, 小金澤雅之, 山元大輔 (2010)
  24. ショウジョウバエの行動遺伝学

    生物の科学 遺伝 64, 26-32.


  25. 山元大輔 (2007)
  26. 記憶力は遺伝するのか

    教育と医学(慶應義塾大学出版 会)55, 12-19.


  27. 山元大輔 (2007)
  28. ショウジョウバエの性行動を生み出す脳と遺伝子の仕組み

    生物の科学 遺伝 61, 71-75.


  29. 山元大輔 (2007)
  30. 性行動を生み出す脳と遺伝子のしくみ

    理科通信 サイエンスネット(数 研出版)29, 10-13.


  31. 山元大輔 (2006)
  32. 異性愛―同性愛を決定する神経機構の遺伝解析

    蛋白質 核酸 酵素 51, 446-451.


  33. 山元大輔 (2006)
  34. ティレアシスのヘビをたずねて三千里,喜怒脳楽12

    バイオテクノロジージャーナル 6, 718-719.


  35. 山元大輔 (2006)
  36. 「おばあさん細胞は不滅です」,喜怒脳楽11

    バイオテクノロジージャーナル 6, 598-599.


  37. 山元大輔 (2006)
  38. 信ずるものは救われる,喜怒脳楽10

    バイオテクノロジージャーナル 6, 496-497.


  39. 山元大輔 (2006)
  40. スポーツするなら赤シャツで, 喜怒脳楽9

    バイオテクノロジージャーナル 6, 356-357.


  41. 山元大輔 (2006)
  42. 季節がこころを支配する時,喜怒脳楽8

    バイオテクノロジージャーナル 6, 242-243.


  43. 山元大輔 (2006)
  44. 私が名付けた遺伝子satori

    実験医学 24, 421-423.


  45. 山元大輔 (2006)
  46. ダイエットで長生き?,喜怒脳楽7

    バイオテクノロジージャーナル 6, 110-111.


  47. 山元大輔 (2005)
  48. 遺伝子は選挙の当落を左右する!?,喜怒脳楽6

    バイオテクノロジージャーナル 5, 732-733.


  49. 山元大輔 (2005)
  50. 人間のフェロモンセンサーはどこにある?, 喜怒脳楽5

    バイオテクノロジージャーナル 5, 572-573.


  51. 山元大輔 (2005)
  52. 脳と性行動

    Hormone Frontier in Gynecology 12, 221-225.


  53. 山元大輔 (2005)
  54. 魚座の0型、今月の恋愛運はいかに?,喜怒脳楽4

    バイオテクノロジージャーナル 5, 450-451.


  55. 山元大輔 (2005)
  56. サルがヒトになる時、ヒトがサルになる時,喜怒脳楽3

    バイオテクノロジージャーナル 5, 292-293.


  57. 山元大輔 (2005)
  58. 男はそれを我慢できない,喜怒脳楽2

    バイオテクノロジージャーナル 5, 214-215.


  59. 山元大輔 (2005)
  60. 浮気につける薬,喜怒脳楽1

    バイオテクノロジージャーナル 5, 74-75.


  61. 山元大輔 (2004)
  62. 性行動を支配する遺伝子を探る

    日本性科学会雑誌 22, 3-11.


  63. 嶋誠悟,山元大輔 (2003)
  64. 昆虫に性ホルモンはあるか

    日本比較内分泌学会ニュース No.111, 11-30.


  65. 山元大輔 (2002)
  66. 「同性愛遺伝子」って何?

    新潮45 244, 148-158.


  67. 山元大輔 (2002)
  68. 生物学からみた同性愛・性同一性障害

    現代性教育研究月報 20, 6-9.


  69. 山元大輔 (2002)
  70. 神経特異的性決定因子Fruitlessによる脳の性転換

    日本神経回路学会誌 9


  71. 山元大輔 (2002)
  72. 血液型占いより「恋愛遺伝子」

    新潮45 239, 136-145.


  73. 山元大輔 (2001)
  74. ショウジョウバエの性指向性を決定するfruitless遺 伝子

    生化学 73, 1141-1144.


  75. 山元大輔 (2001)
  76. ショウジョウバエ性行動と遺伝子

    性差医学 No. 8, 50-54.


  77. 山元大輔 (2000)
  78. 性行動の遺伝解析

    日本精神神経薬理学雑誌 20, 27-31.


  79. 山元大輔 (2000)
  80. 神経特異的性決定因子Fruitlessによる脳の性転換

    実験医学 18, 2347-2350.


  81. 山元大輔 (2000)
  82. 性行動を制御する遺伝子の突然変異を用いた研究

    アニテックス 12, 57-62.


  83. 山元大輔 (2000)
  84. オーガスムの謎

    アエラムック 恋愛学がわかる 128-131.


  85. 山元大輔 (2000)
  86. PDZドメインを持つタンパク質18, Canoe ― ショウジョウバエの発生異常突然変異体の解析

    細胞工学 18, 1162-1167.


  87. 山元大輔 (1999)
  88. 性行動の遺伝子による制御

    産科と婦人科 66, 1049-1058.


  89. 山元大輔 (1999)
  90. カリウムチャネルの変異

    脳の科学 21増刊号, 225-233.


  91. 山元大輔 (1999)
  92. なせばなるマウスのフォワードジェネティクス,Do You脳?12

    実験医学 17, 2604-2605.


  93. 山元大輔 (1999)
  94. 疾走するバイオリズム研究,Do You脳?11

    実験医学 17, 2317-2318.


  95. 山元大輔 (1999)
  96. ヤセの大食いに学ぶ?, Do You脳?10

    実験医学 17, 2008-2009.


  97. 山元大輔 (1999)
  98. 食べて食べてまた食べて,Do You脳?9

    実験医学 17, 1666-1667.


  99. 山元大輔 (1999)
  100. 男の本質は「マザコン」なの?, Do You脳?8

    実験医学 17, 1372-1373.


  101. 山元大輔 (1999)
  102. フェロモンのせいさ! Do You脳?7

    実験医学 17, 1264-1265.


  103. 山元大輔 (1999)
  104. ヒトもMHCをかぎわける,Do You脳?6

    実験医学 17, 1005-1006.


  105. 山元大輔 (1999)
  106. 匂うんだよ、こいつ,Do You脳?5

    実験医学 17, 884-885.


  107. 山元大輔 (1999)
  108. 攻撃の遺伝学,Do You脳?4

    実験医学 17, 790-791.


  109. 山元大輔 (1999)
  110. 自殺の神経生物学,Do You脳?3

    実験医学 17, 516-517.


  111. 山元大輔 (1999)
  112. 性格は「伝染する」,Do you脳?2

    実験医学 17, 159-160.


  113. 山元大輔 (1999)
  114. 幼児体験が決めるあなたのキレやすさ,Do You脳?1

    実験医学 17, 82-83.


  115. 山元大輔 (1998)
  116. 性行動を司る遺伝子の実体

    脳の科学 20, 607-614.


  117. 山元大輔 (1997)
  118. ボケバエに見る記憶の進化的起源

    言語 26, 38-45.


  119. 山元大輔 (1997)
  120. ショウジョウバエに夢を追う

    実験医学 15, 1877.


  121. 山元大輔 (1997)
  122. ショウジョウバエの性行動の神経基盤

    細胞工学 16, 1134-1139.


  123. 山元大輔 (1997)
  124. 性行動の遺伝子による制御

    ホルモンと臨床 45, 85-91.


  125. 山元大輔 (1996)
  126. 遺伝子と行動

    遺伝 別冊8, 80-88.


  127. 山元大輔 (1996)
  128. 恋愛遺伝学序説

    生命誌 3, 9.


  129. 山元大輔 (1995)
  130. 眼がたくさんあるハエ

    ニュートン 15, 12-15.


  131. 山元大輔 訳.R.J.グリーンスパン (1995)
  132. 動物の行動をつかさどる遺伝子

    日経サイエンス 25, 60-67.


  133. 山元大輔 (1995)
  134. DNAが決める動物の行動 ―性行動異常をしめすキイロショウジョウバエから

    科学 65, 513-521.


  135. 山元大輔 (1995)
  136. ショウジョウバエの配偶行動を制御する遺伝子

    ブレインテクノニュース 49, 19-23.


  137. 山元大輔 (1995)
  138. To be a neuron or not to be ―神経になるならないを決めるpokkuri遺伝子の機能―

    蛋白質 核酸 酵素 40, 1973.


  139. 山元大輔 (1995)
  140. ショウジョウバエにおける性行動の遺伝的制御

    実験医学 13, 531-536.


  141. 山元大輔 (1994)
  142. ショウジョウバエ―求愛行動

    生体の科学 45, 566-567.


  143. 山元大輔 (1994)
  144. 20歳代の若さを100歳まで保てるようになりませんか?

    科学技術ジャーナル 3, 18-21.


  145. 山元大輔 (1993)
  146. 社会行動と集団

    週刊朝日百科 動物たちの地球 132, 12342-12345.


  147. 山元大輔 (1993)
  148. 同性愛の生物学

    じっきょう理科資料 No.35, 5-10.


  149. 山元大輔 (1993)
  150. ショウジョウバエの光受容ニューロン分化に関わる遺伝子群

    蛋白質 核酸 酵素 増刊号 38, 2595-2612.


  151. 山元大輔 (1993)
  152. ポックリ死突然変異体の生物学

    生命誌 1, 18.


  153. 山元大輔 (1993)
  154. ショウジョウバエの性行動を支配する遺伝子,“永遠の処女”と“同性愛”突然変異

    化学と生物 31,558-559.


  155. 山元大輔 (1993)
  156. 性行動の分子遺伝学

    遺伝 47, 32-37.


  157. 山元大輔 (1992)
  158. ショウジョウバエの配偶行動を支える遺伝子のはたらき,21世紀―新しいライフサイエンスの展開

    三菱化成生命科学研究所20周年記念シンポジ ウム記録集 83-91.


  159. 山元大輔 (1992)
  160. ショウジョウバエにおけるアポトーシス研究の現状

    実験医学 10, 2096-2098.


  161. 山元大輔 (1992)
  162. ホモ学事始め

    文芸春秋 70, 87-88.(文春文庫「信長ぎらい」, 1994に再録)


  163. 山元大輔 (1992)
  164. 配偶行動異常突然変異体

    Cell Science 8, 33-42.


  165. 山元大輔 (1991)
  166. ショウジョウバエ神経と行動の分子遺伝学―はじめに―

    Cell Science 7, 976-978.


  167. 山元大輔 (1991)
  168. ニューロンは分裂するか

    医学のあゆみ 157, 129.


  169. 山元大輔 (1991)
  170. ショウジョウバエの記憶・学習ミュータント

    Brain Medical 3, 69-74.


  171. 山元大輔 (1990)
  172. 短期記憶とニューロン活動

    医学のあゆみ 155, 154-159.


  173. 山元大輔 (1990)
  174. daughterlessが 面白い

    実験医学 8, 623-625.


  175. 山元大輔 (1990)
  176. ショウジョウバエNotch遺 伝子産物は接着因子?

    蛋白質 核酸 酵素 35, 50-51.


  177. 山元大輔 (1989)
  178. 脳のアデニル酸シクラーゼはチャネルか?

    実験医学 7, 2029-2032.


  179. 山元大輔 (1989)
  180. 昆虫のグルタミン酸受容体

    代謝 26, 25-32.


  181. 山元大輔 (1989)
  182. カルノシン, Receptor

    日本臨牀 夏季増刊号 47, 476-480.


  183. 山元大輔 (1988)
  184. 生体膜Kチャネルの多様性はいかに生み出されるか?

    化学と工業 41, 765-767.


  185. 山元大輔 (1987)
  186. カルシウムチャネルの多様性とニューロンの機能

    医学のあゆみ 141, 916.


  187. 山元大輔 (1986)
  188. イギリスの青い空

    化学と生物 24, 736-740.


  189. 山元大輔 (1986)
  190. 記憶障害突然変異と環状ヌクレオチド

    実験医学 4, 1027-1029.


  191. 山元大輔 (1986)
  192. 昆虫のイオンチャネル

    植物防疫 40, 246-252.


  193. 山元大輔 (1985)
  194. ミュータントの神経生物学

    細胞工学 4, 881-892.


  195. 山元大輔 (1984)
  196. 第6回日本動物生理学会大会特集―第6回大会の印象記

    動物生理 1, 223-225.


  197. 深見順一,清水利昭,山元大輔 (1984)
  198. いわゆるインセクトスタティスとしてのクロルジメフォルムの作用機構

    日本農薬学会誌 9, 531-537.


  199. 山元大輔 (1981)
  200. 昆虫筋活動の神経制御

    化学と生物 19, 515-523.


  201. 山元大輔 (1980)
  202. Non-spiking介在ニューロンとは何か?

    生物科学 32, 169-177.


  203. 山元大輔 (1979)
  204. 殺虫剤作用機構研究の新技法,殺虫剤作用機構研究への微小電極法の応用

    日本農薬学会誌 4, 233-238.


このページのトップへ

Designed by CSS.Design Sample