ページの先頭: ナビゲーションをスキップ

現在の位置:

トップページ >

本文はじめ: 本文を飛ばす

ウェブアクセシビリティとは

「ウェブアクセシビリティ」という言葉は、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。「ウェブアクセシビリティ」とは、「高齢者や障害者など心身の機能に制約のある人でも、年齢的・身体的条件に関わらず、ウェブで提供されている情報にアクセスし利用できること」を意味します。

ウェブは、高齢者や障害者にとっても、重要な情報源になりつつあります。しかし、実際に提供されているウェブページにはバリアがあり、高齢者や障害者にとって使いにくい、あるいは使えない作りになっているために、内容を知ることさえできないことが少なくありません。

例えば、非常に小さい文字でたくさんの情報を提供しているウェブページは、弱視の人や多くの高齢者が判読できない場合があります。このようなウェブページを「アクセシビリティが確保されていないページ」と言います。

ここでは、ウェブアクセシビリティの概要を理解していただけるよう、基本事項の解説、取組事例やサンプルサイトの紹介をしています。

ウェブアクセシビリティの概要の理解

ウェブアクセシビリティの概要を理解していただけるよう、基本事項の解説とリンク集、サンプルをご用意しましたので、ご覧ください。


本文おわり:

トップページに戻る(y)


ページの先頭に戻る(z) 


奥付:
(c) 2001-2003 by ウェブアクセシビリティ実証実験事務局,
(c) 2004- by 情報通信研究機構 バリアフリーサイト, all rights reserved. barrierfree@nict.go.jp
ページおわり: ページの先頭に戻る