34m Radio Telescope 2016-2017
TELESCOPE OPERATION SCHEDULE

MONTH STATUS
2013 / 01-03 Maintenance
2013 / 04- Normal oper.
2016 / 01 COMPLETED
2016 / 02 COMPLETED
2016 / 03 COMPLETED
2016 / 04 COMPLETED
2016 / 05 COMPLETED
2016 / 06 COMPLETED
2016 / 07 COMPLETED
2016 / 08 COMPLETED
2016 / 09 COMPLETED
2016 / 10 COMPLETED
2016 / 11 COMPLETED
2016 / 12 COMPLETED
2017 / 01 COMPLETED
2017 / 02 COMPLETED
2017 / 03 COMPLETED
2017 / 04 ON GOING
2017 / 05 SCHEDULING
2017 / 06 SCHEDULING
2017 / 07 SCHEDULING
2017 / 08 SCHEDULING
2017 / 09 SCHEDULING
2017 / 10 SCHEDULING
2017 / 11 SCHEDULING
2017 / 12 SCHEDULING



FOLLOWING PART IS WRITTEN IN JAPANESE..

電波望遠鏡の使用に関する注意 (2016.11.25):

アンテナは通常運用中です。
ただし、K/Q帯冷凍機は観測時のみ冷却する運用を行っています。3〜4週間前 までにご連絡頂ければ事前に受信機を冷却可能です。

アンテナ利用申込方法:

空きスケジュールをご確認の上、34mアンテナ時間ア プライフォームに記入の上(記入方法の説明)、 担当職員へメール添付でお送りください。 申し込みは遅くとも1週間前までにサブミットして頂くようにお願いします。
できる限り、土日祝日は避けるようにお願いいたします。またあらかじめオペレー タの方と宿泊方法(鹿島市内のホテル泊or ゲストルーム泊等)を指定頂きたくお願いいたします。
また、観測に関する技術的事項のご照会については事前に内容をご連絡頂きた くお願いいたします。急な対応はできないことがございます。
 

ゲストルーム宿泊の申し込み方法 (2014.9):

ゲストルーム申請書に宿泊予定者の名前、所属、ホテルを利用できない理由、を 記入してメールで担当者にお送りください。
オペレータの休日チェックイン・チェックアウトは原則できません。 オペレータの方は原則平日の夕方 5時までに来所いただいて、管理グループにて宿泊費精算〜カードキー受取りを お願いいたします。  宿泊の詳細については担当研究室の職員にご相談下さい。

2016年度の観測について:

当研究室では34mアンテナ運用会議を開いて 我々のリソースの許す限り観測をサポートいたしますが、その優先順位は、
時空標準
研究室観測 > 他NICT研究室観測 > 共同研究締結先との共同観測 > その他観測
となりますことをご承知置きください。


なおここでいうリソースとは:
・34mアンテナで観測を行う際の準備に係る人的リソース。
・観測を行うことにより34mアンテナの年間保守に負担増となる予算的リソース。
などを意味します。
観測者から我々へのフィードバックや研究成果による34mアンテナへのサポートをよろしくお願いいたします。

TOP <