vdif2k5

機能

VDIFフォーマットデータをK5/VSSPフォーマットデータに変換する

書式

vdif2k5 vdiffile [options]
   または
vdif2k5 --version|--help

 ここで

vdiffile VDIFフォーマットデータファイル
--version プログラムバージョンの表示
--help プログラム使用法の表示
オプション
-o k5name 作成されるK5 ファイル名(デフォルトは以下の命名則参照)
-d k5dir K5ファイル出力ディレクトリの設定
-fsampl fmhz サンプリング周波数(MHz) (デフォルトは4)
-adbit adbit ADビット数(デフォルトは1)
-1ch ch 作成されるK5 データを1 チャンネルモードにして抽出するVDIF データのチャンネル番号を指定する(チャンネル番号は1 から始まる)
-4ch ch1 ch2 ch3 ch4
作成されるK5 データを4 チャンネルモードにして抽出するVDIFデータのチャンネル番号を指定する
-2bit mode 2ビットデータのデコード方式の選択
1:オフセットバイナリ 0 1 2 3 (デフォルト)
2: Mark-V 標準 0 2 1 3
3: 符号付きバイナリ1 0 2 3
-s soffset データ変換開始秒(データの先頭からのオフセットを秒単位で与える)デフォルトは0
負の値の場合は絶対値が最初に読み飛ばすバイト数となる

作成されるK5 データファイルの命名則] (VDIF: VDIF データファイル名)
  4ch モード
     VDIF.k5a --- グループ#1 (ch01-04)
     VDIF.k5b --- グループ#2 (ch05-08)
     VDIF.k5c --- グループ#3 (ch09-12)
     VDIF.k5d --- グループ#4 (ch13-16)
  1ch モード
     VDIF.k5-NN --- NNはチャンネル番号01-16


更新日 2017年3月9日