鹿島 34m パラボラアンテナ運用終了記念式典・記念講演会 開催のご案内

記念式典・記念講演会は延期となりました

 鹿島宇宙技術センター(茨城県鹿嶋市)に設置されている鹿島34mパラボラアンテナ(以下、「鹿島34mアンテナ」)は、 地球の表面を覆うプレートの動きを超長基線電波干渉法(VLBI) を使って測る「西太平洋電波干渉計プロジェクト」の中心的な施設として 1988年に設置・運用され、その後、30年以上にわたって、宇宙からの電波を利用した時間・空間に関する分野で多くの研究成果をあげてきました。 このたび、これらの研究が終了したことに加え、本アンテナの老朽化も進行したため、2020年度中に鹿島34mアンテナを撤去することとなりました。
 VLBI 技術は、NICTの前身である郵政省電波研究所が日本で初めて導入し、 NICT、国立天文台、国土地理院、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所、国立極地研究所などの機関による精力的な研究開発により、 電波天文学、測地学、深宇宙探査機のナビゲーションに必須の技術として発展を続けてきました。 NICTは、鹿島34mアンテナを用いてVLBI技術の精度改善と処理速度の高速化を進め、高速インターネット技術も活用して多くの技術開発に貢献し、 これまで様々なプロジェクトを遂行してきました。なお、2019年9月9日(月)の台風15号によって鹿島34mアンテナは破損し、現在使用できない状態となっています。
 鹿島34mアンテナの撤去に当たり、本アンテナによる数々の成果を振り返るとともに、 これまでご協力いただいた多くの関係機関・関係者、支えていただいた地域の皆 様に感謝するイベント「鹿島34mパラボラアンテナ運用終了記念式典」を2020年4 月25日(土)に開催します。
 記念式典と講演会はどなたでも参加いただけます。 参加ご希望の方は、下記の参加申込みフォームよりお名前とご連絡先を入力してお申し込みください。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、イベントの開催予定を延期することと なりました。開催時期については現在のところ未定です。 開催時期が決まりましたら改めて 鹿島宇宙技術センターホームページなどに掲載してお知らせします。
なお、アンテナ解体予定については変更なく、今年の夏ころ解体工事を行う予定 です。6月末までは見学などが可能です。


問い合わせ先   担当:関戸 (tel) 0299-84-7146
  ※土日祝除きます