ENGLISH

【主任研究員】 春野雅彦

haruno 工学博士。意思決定の計算論的神経科学、特に社会的な状況における意思決定や学習に興味を持って研究しています。

最近は減ってきましたが空いた時間は、世界を旅して様々な社会や人々を見分したり、テニスをしたりしています。

ヒト、社会、脳、インターネット、数学等に御関心のある方、一緒に研究しませんか?


【研究員】 寺田 吉壱

写真 理学博士。
近年『最強の学問』として注目されている統計学機械学習が専門。 データ解析法の性質や挙動を数学的に解明し、 実用的かつ理論的に"良い"解析法の開発を目指して研究しています。 特に、教師無し学習の理論研究が中心。

統計学や機械学習の分野にも、直感を覆す『おもろい研究』がいっぱいあります! また、大量のデータが身近に溢れている現代、それらの背後にある真実を見抜 く力が 求められています!

脳科学を通してデータ解析における理論の大切さを体感したい方、 脳科学の現場でデータ解析を勉強・研究したい方、 是非春野グループで一緒に研究しましょう!

趣味:数学,ロードバイク,テニス,ギター

【研究員】 田中敏子

写真 理学博士。


【協力研究員】 二本杉 剛

写真 経済学と脳神経科学からヒトの社会行動を研究しています。 また、機能する経済制度を設計するための実験研究もしています。 趣味は、スキーと食べ歩きです。


【協力研究員】 源 健宏

minamoto 文学博士。

学部生の頃に感情・認知の制御メカニズムに興味を持ち,以降,心理薬理学手法や認知神経科学手法を用いて,その仕組みの解明に取り組んできました。春野グループに所属し,計算論的神経科学手法を学ぶことで,精度の高い感情・認知制御の神経ネットワークの同定を目指します。 趣味は,クラシックギターの演奏とジャグリングです。最近,家庭菜園にも興味を持っています。


【協力研究員 生命機能D4】 高見 享祐

写真 教育学部卒。脳科学と教育をつなげる研究をしたいと思っている。 テーマは「いじめの脳科学」。最近まで分子生物学的な研究をしていたが、 心機一転CiNetに移り、脳機能イメージングを用いた研究を始める。 社会がハっとするような‘おもろい’研究を目指します!



【協力研究員 生命機能M1】 岡本 直宏

写真 学部では、神経科学や認知科学、数学等を広く(浅く)学んでおりましたが、意思決定や好みの神経科学的研究をしたいと思い、2014年10月からCiNetの春野グルー プでお世話になっています。

もともと脳に興味を持っていて、今は、”なぜ人の好みがそれぞれ異なる のか”や“どのようにして好みや価値が生じるのか”などに興味があります。

あわよくば、実社会に応用できるような”おもろい研究”をしたいと奮闘中です。

休みの日は京都に遊びに行ったりソフトテニスをしたりしていて、おいし いものと温泉とドラマ観賞が好きです


【協力研究員】 渡邊言也

watanabe 社会的情動と意思決定。特に情動を喚起させる情報が学習にどのように影響を与 えているのかを研究しております。

趣味はジャムセッション(TSax)、写真、海外一人旅、脳みそフィギュア集め。


【秘書】 服部 美智子

写真 研究室では研究員の皆さんのお世話を、家では2人の子供のお世話をしています。暇をみつけては京都散策をしています。



17/04/19 更新