< オンライン開催 >
NICT特別
オープンシンポジウム
2020.6.12FRI 13:00~17:30

アフターコロナ社会のかたち

新型コロナウイルスの感染が拡大したことにより、社会経済活動が深刻な影響を受けています。情報通信分野を専門とする我が国唯一の公的研究機関である国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)では、新型コロナウイルス対策にICTをどう活用していくか、社会経済活動をICTの活用でどう変革させていくか、どのようなアフターコロナ社会が想定されるか、外部有識者とともに議論するために、オンラインシンポジウムを開催します。

開催概要

2020年6月12日(金) 13:00~17:30
オンライン開催(事前登録制)
本シンポジウムはビデオコミュニケーションツール「Zoom」を使ったオンラインイベントです。
申込フォームからご登録いただいた方には、開催前日に参加用URLをお送りします。(先着300名)
国立研究開発法人情報通信研究機構

定員数に達したため、
参加申込を締め切りました。
YouTubeによるライブ配信は、申込不要でご視聴いただけます。
URLは開催前日に、このWebサイト上で公開します。

プログラム

13:00~13:05 オープニングリマークス
13:05~14:20 SESSION 1:
ICTによる新型コロナウイルス対策への貢献
14:35~15:50 SESSION 2:
新型コロナウイルス対策を踏まえた社会経済の変革
16:05~17:20 SESSION 3:
アフターコロナ社会のかたち
17:20~17:30 クロージングリマークス

(13:05~14:20)SESSION 1ICTによる
新型コロナウイルス対策への貢献

世界各国で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大する中、クラスター対策、院内感染の防止等において、ICTの活用に期待が高まっています。
一方で、このようなICTの活用において、サイバーセキュリティの確保等が重要であることから、ICTによる新型コロナウイルス対策への貢献策及びその課題について議論します。

パネリスト

黒田知宏

京都大学医学部附属病院
医療情報企画部
教授

藤原洋

株式会社インターネット総合研究所
代表取締役所長
株式会社ブロードバンドタワー
代表取締役会長兼社長CEO

冨澤登志子

弘前大学大学院保健学研究科 看護学領域
教授

井上大介

NICTサイバーセキュリティ研究所  サイバーセキュリティ研究室
室長

鳥澤健太郎

NICTデータ駆動知能システム研究センター
センター長

司会

土井美和子

NICT監事

フロアエディター

笠井康子

NICTテラヘルツ研究センター
上席研究員

(14:35~15:50)SESSION 2新型コロナウイルス対策を踏まえた
社会経済の変革

各国において、新型コロナウイルスの第2波、第3波等を警戒しながら、経済活動を再開させる動きが出てきています。感染症対策と社会経済活動をいかに両立させるかに関しても、ICTの役割への期待は大きくなっています。
今後のコロナウイルスとの戦いの中で、ICTを活用して、国民の生命を守りながら社会経済活動を維持していくための方策について議論します。

パネリスト

岩下直行

京都大学公共政策大学院
教授

村上輝康

産業戦略研究所
代表

盛合志帆

NICTサイバーセキュリティ研究所
上席研究員
NICT経営企画部
統括・企画戦略室 室長

和田尚也

NICT未来ICT研究所
所長

司会

野崎雅稔

NICT理事

フロアエディター

木俵豊

NICTソーシャルイノベーションユニット
ユニット長

(16:05~17:20)SESSION 3アフターコロナ社会のかたち

新型コロナウイルスの発生後の将来の社会経済(アフターコロナ社会)は、これまでに予測していたものとは違ったかたちになることが考えられます。
これまでの社会経済活動、働き方など様々な面での改革を進め、真のDigital Transformation(DX)を実現した社会経済をデザインするため、アフターコロナ社会のかたちとその実現にどう取り組んでいくかについて議論します。

パネリスト

北野宏明

株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所
代表取締役社長、所長

野原佐和子

株式会社イプシ・マーケティング研究所
代表取締役社長
慶應義塾大学
大学院政策・メディア研究科
特任教授

寳迫巌

NICTワイヤレスネットワーク総合研究センター
総合研究センター長

柳田敏雄

NICT脳情報通信融合研究センター
研究センター長

司会

徳田英幸

NICT理事長

フロアエディター

井出真司

NICT経営企画部
シニアマネージャー