Big Data Analytics Laboratory

BIG DATA ANALYTICS LABORATORYBIG DATA ANALYTICS LABORATORY

研究紹介

Research

異分野データ連携基盤技術の研究開発

Society 5.0時代のデータ利活用を推進すべく、様々なセンシング技術により取得されたデータや各種のソーシャルビッグデータを利活用するための異分野データ連携基盤を開発するとともに、持続可能な社会を目指したスマートサービスの開発・展開を支援するプラットフォームを構築し、地域IoTを活用したオープンイノベーション推進活動を行います。

環境×交通データ利活用による安全なルートのナビゲーション

ゲリラ豪雨など局所的・突発的に発生する被害の影響予測に有効な相関マイニング技術を開発。相関ルールに基づき豪雨発生時の交通障害リスクを予測しリスクマップを生成し、リスクを避けた安全なルート探索に応用。

環境×交通スマートIoT実証実験

気象災害やヒヤリハットなど環境要因の交通リスクデータを参照しながらカーナビの画面表示や経路変更を容易にカスタマイズできる開発環境を使って、自然災害や地域イベントなどの突発的な環境変化による交通リスクに対応するスマートなカーナビアプリを作成。

関連トピック

環境×健康スマートIoT実証実験

環境ビッグデータを利活用したスマートで持続可能な街づくりのためのICT基盤開発を目的とし、気候や大気、自然など、地域の 環境資源を健康資源に転換し、住民の健康増進や地域におけるヘルスケア事業の創出に資するスマートサービスを開発。小型センサーを用いて収集した大気環境の個人暴露データや、ウェアラブルセンサーを用いて収集した活動量や自律神経バランス等の健康データ、CRNN方式に基づくAQI短期予測などをプラットフォーム上で組み合わせ、大気環境と健康の相関性を示すデジタル地図を作成したり、大気品質の良い場所での運動を推薦する実験システムを開発するとともに、ウォーキングによる健康づくりと環境データ収集を兼ねた参加型センシングの実証実験を実施。

関連トピック