|  English |  アクセス |  お問い合わせ |


トップページ

第17回IVS技術開発センターシンポジウム開催のご案内

 情報通信研究機構は、国際VLBI事業(International VLBI Service for Geodesy and Astrometry)の技術開発センターとして、VLBI観 測技術に関連する多くの技術開発を推進し、IVSの活動に貢献してきました。 国内においては、2001年から毎年IVS技術開発センターシンポジウ ムを主催し、研究成果を英文のTDCニュースとして発行して、VLBIに関す る技術開発の最新の研究成果を国内外に発信しています。



 測地VLBIの分野では、国際的な測地VLBIを主導しているIVS(International VLBI Service for Geodesy & Astrometry: 国際VLBI事業)が、2-14GHzの超広帯域の観測を可能にする次世代広帯域測地VLBIシステム(VGOS)を推進し、世界各国(米国、ドイツ、スペイン、日本、ロシア、中国、南アフリカ、ノルウェー等)が新しいアンテナと観測システムを整備し、観測が始まっています。NICTでは、VGOSに準拠して3-14GHzの広帯域VLBI観測システムを開発し、広帯域小型アンテナを使った大陸間周波数比較の国際観測を行っています。

シンポジウムでは、VLBI技術、GNSS、SLR等の宇宙測地技術、単一の電波望遠観測、時間・周波数の関連技術、および観測成果について情報交換し、VLBI分野の更なる発展を目指したいと考えています。多くの皆様のご参加をお待ちしています。  

開催日時


開催日時:2019年6月27日(木) 午前10時〜午後5時(予定)

場所:情報通信研究機構鹿島宇宙技術センター 研究本館大会議室(予定)

講演発表申し込み締め切り:2019年6月14日(金)
※ポスター発表も受け付けます。

参加費:無料


※シンポジウム開催後に懇親会を開催する予定です。

講演発表申込み方法

 以下の申込書に必要事項をご記入の上、世話人の関戸、篠塚までメールでお申し込みください。その際、件名に「第17回TDCシンポジウム申し込み」と記載頂けると大変助かります。

申し込み先 :(世話人 関戸、篠塚)

件名 :第17回TDCシンポジウム申し込み
------------------------------------------------------------
・氏名 :
・所属 :
・電話 :
・e-mail :
・講演題目:
・発表者 :
・要旨(200字程度):
******
・懇親会参加: 可 : 不可(参加費未定:2000円程度)
・昼食の注文(450円): あり : なし
  ※昼食ありの場合はいずれかを選択: 肉弁当・魚弁当
・ゲストハウス宿泊が必要の場合: 宿泊日
------------------------------------------------------------


昼食・宿泊について


当日の昼食は鹿島宇宙技術センターの厚生棟で取ることが出来ます。
    一食450円 (肉弁当・魚弁当) ※事前予約が必要


前日、あるいは当日に鹿島に宿泊を希望される方は鹿島宇宙技術センターのゲストルームに若干の空きがあります。利用条件がありますので世話人までご相談ください。
※特に旅費支給に制限のある学生さんを優先とします。




|  English |  アクセス |  お問い合わせ |