国立研究開発法人

情報通信研究機構

WINDS PAPERCRAFT



WINDSプロジェクト


   インターネットを代表とするデジタル通信は、その通信量が年々増加しています。
  衛星通信の分野においても、この通信量の増加に対応するため、高速・大容量化が求められています。
  当プロジェクトでは、この衛星通信の高速・大容量化の研究開発を行っています。

   政府 IT戦略本部の「e-Japan重点計画」に基いたギガビット級の衛星通信システムとして、
  超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の開発を、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
  と共同で開発し、2008年2月に打ち上げました。

   現在、WINDSを使用して各種衛星通信実験を実施しています。

WINDSの概要

 WINDSは、衛星搭載高速スイッチングルータを用いた先進的なATMベースバンド再生交換中継と非再生
交換中継の2つのモードを持ちます。

 Ka帯マルチビームアンテナ/アレーアンテナ、超広帯域/高出力中継器、搭載交換機などの技術により、
アンテナ直径45cmの超小型地球局向けに1.5または6Mbps(上り回線)/155Mbps(下り回線)を提供します。

 また、アンテナ直径5m級の大型地球局では、非再生交換中継による1244Mbpsのブロードバンドデータ回
線が利用できます。
 地上系のインターネットとシームレスに接続できるブロードバンドデータ回線を衛星が見える地域全域に提
供します。

 島しょ国の情報基盤、災害時の回線確保、イベント時の臨時回線などの回線を設置地球局の規模に応じて利用することが可能となります。