ニュース

研究成果のプレスリリースや新聞・TVなどのメディア情報、公開実験予定などの最新情報をご案内します。

平成29(2017)年度

  • 2018年2月23日

「5G国際シンポジウム」への出展

NICTは、2018年3月27日(火)・28日(水)の2日間、東京国際交流会館にて開催される「5G国際シンポジウム」に出展します。

皆様のご来場をお待ち申し上げます。

本シンポジウムの概要

総務省が実施している「5G総合実証試験」の成果で、5Gが実現する世界を来場者に体感していただくために展示・デモを実施します。 有識者・専門家によるプレゼンテーション・パネルディスカッションも開催されます。

  • 2018年2月23日

「ジャパン・ドローン2018」への出展

NICTは、2018年3月22日(木)~24日(土)の3日間、幕張メッセにて開催される「ジャパン・ドローン2018」に出展します。 また、同時に開催される「国際コンファレンス」にて三浦龍上席研究員がパネリストとして参加します。

皆様のご来場をお待ち申し上げます。

当統合研究センターの出展項目

- 遅延時間保証マルチホップ制御通信システム(タフ・ワイヤレス)

- 飛しょう体間位置情報共有システム(ドローン・マッパー)

参加するパネルディスカッション

3月23日15:30~17:00(会場:国際会議場 2F コンベンションホールA)

「ドローンの交通整理:UTMを実現するエレメントと、その統合&実現にむけたロードマップ」

  • 2018年2月16日

「IoT国際シンポジウム2018」への参加

2018年3月9日(金)にベルサール神田(東京)で開催される「IoT国際シンポジウム2018」にて、板谷聡子主任研究員がパネリストとして参加します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

参加するパネルディスカッション

3月9日(金) 14:45~16:15 「生産現場のIoTワイヤレス化に向けたニーズと国際連携」

会場: ベルサール神田 2階ホール

  • 2018年1月25日

第22回「震災対策技術展」横浜への出展

NICTは、2018年2月8日(木)・9日(金)の2日間、パシフィコ横浜にて開催される第22回「震災対策技術展」横浜に出展します。

皆様のご来場をお待ち申し上げます。

当総合研究センターの出展項目

- 省電力ワイヤレスグリッド技術

- ドローンの見通し外運用を支援する無線通信技術

- 衛星を用いた災害応急通信技術の研究開発

  • 2018年1月17日

国際標準規格IEEE 802.15.8の策定

2017年12月6日、国際標準規格IEEE 802.15.8「Peer Aware Communications(PAC)」が標準化委員会(IEEE Standards Association Standards Board)によって承認されました。本規格には、NICTの提案が採用されています。

PACとは

インフラに頼らず、端末同士でネットワークを形成して様々なサービスをサポートするための技術。

中央制御装置やアクセスポイントを必要とせず、端末のみでインフラレスのネットワーク通信を実現する新しい形態のワイヤレスネットワークです。

特 徴
  • 低コストで導入・運用することが可能
  • 容易にネットワークを構築可能
  • 中央制御装置が不要のため、災害等による中央制御装置の故障・停止や通信の輻輳等によるネットワークの障害が発生しない
  • リアルタイム通信ができない環境でも、端末を搭載したバスなどが移動することにより情報を更新できるため、 地域に根ざした情報ネットワーク(自治体等の広報やセンサ情報等の拡散・収集)の実現が期待できる
NICTの貢献

NICTの提案が同規格に採用されました。また、タスクグループ(TG)では副議長やセクレタリ等の役職を務めました。

  • 2018年 1月11日

「海と産業革新コンベンション」における展示、及びリアルタイム中継実験

NICTは、2018年1月16日(火)と1月17日(木)の2日間、横浜の大さん橋ホールで開催される「海と産業革新コンベンション」にて、 衛星を活用した高速衛星通信技術(SIP:内閣府戦略的イノベーションプログラム「次世代海洋資源調査技術」)についての 展示及びリアルタイム中継実験を行います。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

NICTの展示とリアルタイム中継実験

- 展示内容:

SIPにおける当機構の活動及び開発したASV用高速衛星通信装置実証モデル

(「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」ブース内に展示)

- リアルタイム中継実験:

1月17日11:00~11:40「海中活動の新たなパラダイム~海のどこでもドア~」(九州工科大学 浦先生)

※講演内で、JAMSTECの海洋広域研究船「かいめい」から超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)を介して海の様子を生中継します。

関連部署: 宇宙通信研究室
  • 2017年12月28日

ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2018の開催

NICTは、YRP研究開発推進協会、及びYRPアカデミア交流ネットワークと共同で、2018年5月23日(水)から25日(金)の3日間、東京ビッグサイトにおいて「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2018」を開催します。

WTPは無線通信技術の研究開発に焦点を当てた国内最大級の専門イベントで、国内外から産学官の機関が多数集結し、最新のワイヤレス技術を紹介する「展示会」「セミナー」「アカデミアセッション」を通じて人材交流や技術交流を促進し、イノベーション創出を図ることを目的として開催するものです。

WTP2018では、ワイヤレスソリューションの専門展示会である「ワイヤレスジャパン」と協力し、大規模な5Gのデモ展示や講演会を実施するほか、IoT、AI、コネクテッドカー等、最新トピックをテーマとした多種多様な企画を予定しています。

本イベントへの出展やアカデミアセッションへの参加をご希望の方は、公式サイトよりお問合せ下さい。

多くの方のご参加を心よりお待ち申し上げます。

ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2018

会  期  : 2018年5月23日(水)~25日(金)

会  場  : 東京ビッグサイト 西3・4ホール、会議棟

メインテーマ: 5G×IoT その先の未来へ

関連分野  :

  • 第5世代移動通信システム(5G)、Beyond 5G、IoT向け無線技術
  • 測位技術、位置情報サービス、工場向け無線技術・システム
  • 極限環境通信(洋上・海中通信、生体内外通信、深宇宙)
  • ロボット・ドローン通信技術 等
  • 2017年12月22日

「第2回ロボデックス《産学連携ロボットフォーラム》」における講演、及び展示

当センターでは2018年1月17日(水)~1月19日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第2回ロボデックス《産学連携ロボットフォーラム》」にて、「コネクテッド・ロボット」に向けたワイヤレス技術についての講演及びポスター展示を行います。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

当センターの講演
1月19日(金) 14:20~14:50 「コネクテッド・ロボット」に向けた多数接続・低遅延ワイヤレス技術
ワイヤレスシステム研究室 研究マネージャー 滝沢 賢一
会場:西-A セミナー会場
※受講希望の方は会場へ直接お越しください(事前申込不要)。
  • 2017年11月28日

「マイクロウェーブ展2017」への出展

11月29日(水)~12月1日(金)にパシフィコ横浜にて開催される「マイクロウェーブ展2017【特別展示】5G総合実証試験コーナー」において、 「5Gを利用した物流IoTの実証に向けた取り組み」の展示を行います。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

  • 2017年11月20日

「日台次世代移動通信技術の開発と応用戦略シンポジウム」における講演

当センターでは11月28日(火)に横須賀リサーチパークYRPホールで開催される「日台次世代移動通信技術の開発と応用戦略シンポジウム」にて、5G技術の研究開発についての講演を行います。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

当センターの講演
11:30~11:55 「5G時代におけるマイクロセルの柔軟な展開を実現するための研究開発」
ワイヤレスシステム研究室 研究マネージャー 石津 健太郎
  • 2017年11月16日

「せいか祭り2017」への出展

11月19日(日)に、京都市相楽群精華町で開催される「せいか祭り2017」において、ワイヤレスシステム研究室の端末間通信ネットワーク技術を活用した「精華くるりんバスロケーション案内システム」のデモンストレーションを行います。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

  • 2017年10月16日

「けいはんな情報通信フェア2017」への出展

10月26日(木)~28日(土)にけいはんなプラザで開催される「けいはんな情報通信フェア2017」において、 ワイヤレスシステム研究室の端末間通信ネットワーク技術を活用した「精華くるりんバスロケーション案内システム」の デモンストレーションを行います。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

  • 2017年9月1日

「京都スマートシティエキスポ2017」への出展

9月28日(木)、29日(金)に、けいはんな地区で開催される「京都スマートシティエキスポ2017」に、 京都府相楽群精華町で実証実験を行っているワイヤレスシステム研究室の「端末間通信ネットワーク」を出展します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

  • 2017年9月1日

「国際フロンティア産業メッセ2017」への出展

9月7日(木)、8日(金)に、神戸国際展示場で開催される「国際フロンティア産業メッセ2017」に、 ワイヤレスシステム研究室の「シート媒体通信」を出展し、ワイヤレス電力伝送のデモンストレーションを実施します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

  • 2017年8月18日

無人航空機(ドローン)用無線伝送システムの共同研究の開始について

この度、NICTと電源開発株式会社(以下「Jパワー」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、契約を締結しました。

本研究は、NICTが開発する「直接電波見通し外」で安全にドローンを運航するための無線伝送技術を、Jパワーが開発する電力設備点検用ドローンに適用し、山間部での点検作業の大幅な効率化を図るための検証・評価を行うものです。

共同研究では、ドローンを見通し外で運航する際の無線中継方法、飛行ルートの選定、運航条件・運航制約の検討並びにドローンの運用方法、さらにはコマンドやテレメトリ等の通信品質及び電力設備点検への有効性の検証・評価を行い、平成31年度の導入を目指します。

  • 2017年8月9日

長崎・五島列島沖 旧日本海軍・潜水艦「伊58」特定プロジェクト
水中ロボットによる潜水艦調査を独占生中継

この度、NICT、株式会社ドワンゴ、及び一般社団法人ラ・プロンジェ深海工学会との共同企画として、長崎県五島列島沖に沈んでいるとされる旧日本海軍・潜水艦「伊58」を視聴者とともに特定調査するプロジェクトを、ニコニコ生放送で独占生中継することが決定しました。

NICTは、超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS:Wideband InterNetworking engineering test and Demonstration Satellite)を用いて、調査海域である長崎県五島列島沖合の調査船と、NICT鹿島宇宙技術センターとの間で伝送速度10Mbpsの衛星通信回線を構築します。

生中継は、8月22日(火)から4日間にわたり実施します。

多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

番組詳細

■ タイトル:みんなで特定しよう!旧日本海軍「伊58」潜水艦 水中ロボによる海底探査を生中継

■ 放送日:8月22日(火)8:00~8月26日(土)予定

※悪天候等により、放送開始日時・期間に変更の可能性があります。

■ 視聴URL: http://live.nicovideo.jp/watch/lv304091245

関連部署: 宇宙通信研究室
  • 2017年7月31日

電波の途切れにくい新しい周波数でドローンの制御飛行に初めて成功

NICTは、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)と共同で、平成28年8月に、総務省が新たに制度化したロボット・ドローン用の周波数の一つである169MHz帯を使ったドローンの遠隔制御飛行に初めて成功しました。

同実験は、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ(プログラム・マネージャー: 田所 諭)の一環として実施したものです。

実験では、169MHz帯電波を用いて、地上の操縦者からドローンまで直接無線をつないだ制御のほか、上空に滞空する他のドローンを経由して、目的のドローンの制御と状態把握を行うマルチホップ中継制御にも成功しました。また、ドローン飛行中に、遠隔から920MHz帯との周波数切替えが可能であることも確認しました。

今回の開発により、異なる電波の伝わり方を持つ複数周波数にまたがる運用が可能となり、ドローンの飛行に必要な電波をこれまでよりも格段に高信頼化できる見通しが得られました。

関連部署:ワイヤレスネットワーク総合研究センター、 ワイヤレスシステム研究室
  • 2017年7月26日

工場IoT化の加速に向け、「フレキシブルファクトリパートナーアライアンス」を結成

NICTは、オムロン株式会社、株式会社国際電気通信基礎技術研究所、サンリツオートメイション株式会社、日本電気株式会社、富士通株式会社、及び村田機械株式会社と共同で、 複数の無線システムが混在する環境下での安定した通信を実現する協調制御技術の規格策定と標準化、および普及を推進し、製造現場での無線の利活用を一層加速するため、 「フレキシブルファクトリパートナーアライアンス」(英文名:Flexible Factory Partner Alliance、会長:ドイツ人工知能研究所(DFKI)アンドレアス・デンゲル教授)を結成しました。

今後、本アライアンスの取り組みを通じ、製造現場のIoT化の進展に伴う新たな「産業革命」への期待に応えていきます。

FFPAロゴ画像
  • 2017年7月11日

超小型衛星による量子通信の実証実験に世界で初めて成功

NICTは、超小型衛星(SOCRATES)を使い、東京都小金井市にあるNICT光地上局との間で、 光子一個一個のレベルで情報をやり取りする量子通信の実証実験に成功しました。

SOCRATESには宇宙通信研究室で開発した小型光通信機器(SOTA)が搭載されており、 毎秒1千万ビットの速度で光の信号を地上局へ送信します。地上局では、光子一個一個の到来を検出しながら信号を復元することで、 高度600kmを秒速7kmで高速移動する衛星との量子通信を実現しました。

本成果により、これまで大型衛星を必要とした衛星量子通信が低コストの小型衛星で実現できるようになり、 多くの研究機関や企業による開発が可能になることが期待されます。 これは、超長距離・高秘匿な衛星通信網の構築に向けた大きな一歩となります。

なお、この成果は英国科学誌「Nature Photonics」のオンライン版に日本時間7月11日(火)午前0時に掲載される予定です(誌上掲載は8月号)。

関連部署: 宇宙通信研究室
  • 2017年7月11日

NICTオープンハウス in 鹿島
「鹿島宇宙技術センター施設一般公開」のお知らせ

7/29(土)に、当総合研究センター 宇宙通信研究室の一拠点を担う「鹿島宇宙技術センター」の施設一般公開を実施します。

当日は、お子様も楽しめるスタンプラリーや工作教室など、多数の企画をご用意しておりますので、奮ってご参加ください。 なお、入場は無料、駐車場も完備しております。

案内ポスター画像
イベントのWEBサイトを見る
  • 2017年6月6日

「第359回 ITU-R研究会」における講演

7/7(金)、ホテルグランドヒル市ヶ谷にて開催される「第359回 ITU-R研究会」において、ワイヤレスシステム研究室の主任研究員 板谷聡子が、 「Flexible Factory Project ~製造現場におけるIoTと無線通信技術の活用~」と題して講演を行います。

ご関心のある方は是非ご参加ください。

  • 2017年5月30日

「周波数資源開発シンポジウム2017」開催のお知らせ

NICTは、6月30日(金)に、明治記念館(東京都港区)にて 「周波数資源開発シンポジウム2017 ~ワイヤレスIoTへの新たなるアプローチ~」を電波産業会(ARIB)と共同で開催します。

本シンポジウムでは、5G時代のIoT社会におけるワイヤレス技術の新たな利活用の可能性を探ることを目的に、 IoT向け無線技術・サービス、プラットフォーム、国際動向、導入事例、今後の課題等について、 産学官の専門家による講演を行います。

多くの方々のご参加を心よりお待ち申し上げます。

【6/23追記】大変申し訳ございませんが、定員になりましたので事前受付を終了させていただきました。

関連部署: ワイヤレスシステム研究室 、企画室
  • 2017年4月28日

「通信衛星の将来展望に関するワークショップ2017」開催のお知らせ

NICTは、5月18日(木)にJA共済ビル カンファレンスホール(東京都千代田区)にて「次期技術試験衛星の将来展望に関するワークショップ2017」を開催します。 本ワークショップは、次期技術試験衛星の研究開発プロジェクトの推進状況及び次世代の衛星通信サービスの展望やユーザのニーズを情報共有し、 今後の研究開発の方向性の検討に資するとともに、ユーザコミュニティの形成を図る活動の一環として開催します。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

関連部署: 宇宙通信研究室
  • 2017年4月21日

ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017への出展、及び講演

当センターは、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017」において、最新成果のデモ展示、及び講演を行います。多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

ワイヤレスネットワーク総合研究センターの展示項目
  • IoT社会に向けたワイヤレスネットワーク適応化技術 ~アプリケーションに応じたワイヤレスグリッドの大規模化/省電力化~
  • 次世代移動通信システムに向けた協調制御アーキテクチャ
  • ロボット活用に向けたワイヤレスネットワーク高信頼化技術
  • 海洋・宇宙ブロードバンド衛星通信システムの研究開発
  • 環境データ情報収集解析表示システム並びに次期技術試験衛星搭載予定の超高速光通信ターミナルHICALIの研究開発
  • Flexible Factory Project ~製造現場における無線技術の活用~
  • ※Flexible Factory Projectは、NICTブースではなく「Flexible Factory Project パビリオン」での展示となります。
ワイヤレスネットワーク総合研究センターの講演
コース:T-53「NICTセッション - NICTのワイヤレス研究等の最新動向 -」
日時:5/25(木)10:30-12:30
「NICTの無線通信技術に関する研究開発:これまでとこれから」
総合研究センター長 浜口 清
「地上系ワイヤレスネットワークのニーズに応えるシステム設計に関する取組み」
ワイヤレスシステム研究室長 児島 史秀
「電波や光の周波数を用いた次世代衛星通信技術の研究開発の取組み」
宇宙通信研究室長 豊嶋 守生
  • 2017年4月21日

ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017の開催

NICTは、5月24日(水)から26日(金)に、東京ビッグサイトにて、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017」をYRP研究開発推進協会及びYRPアカデミア交流ネットワークと共同で開催します。

WTPは無線通信技術の研究開発に焦点を当てた国内最大級の専門イベントで、国内外から多数の関連企業や機関が集結し、「展示会」「セミナー」「アカデミアセッション」を通じてワイヤレス分野の最新技術を紹介するとともに、イノベーション創出に向けた交流の場として開催するものです。

WTP2017ではメインテーマ「新時代の価値を創造する ~5G+IoTの挑戦~」のもと、5G(第5世代移動通信システム)、IoT(Internet of Things)、測位・ロケーション技術、ITS(高度道路交通システム)、洋上・海中ワイヤレス、ロボット・ドローン通信、テラヘルツ波技術等をテーマとした展示や講演を企画しております。中でも、「International Session第1部 ~LPWAを見極める!技術と最新動向」では、LoRa、NB-IoT、SIGFOX、Wi-SUNの代表者による講演、及びパネルディスカッションを予定しており、注目が集まることが予想されます。

NICTは展示や講演を通じて、ワイヤレスネットワーク、次世代衛星通信、テラヘルツ波応用、Wi-SUN社会実装、NICT総合テストベッド等の最新成果を紹介します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017

開催日時:2017年5月24日(水)~5月26日(金)10:00~18:00(26日のみ17:00まで)

会 場:東京ビッグサイト 西1ホール

参加費:

  • 展示会・アカデミアセッション:事前登録により入場無料
  • セミナー Aコース~Gコース:有料
  • その他:無料
関連部署:企画室
  • 2017年4月14日

「第3回国際ドローン展」への出展

NICTは、4月19日(水)から21日(金)に幕張メッセで開催される「第3回国際ドローン展」に出展いたします。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

当センターの出展項目

- ドローンの安全運航のための飛しょう体間位置情報共有無線技術 ~ドローンマッパー~

- 見通し外制御を可能にする遅延時間保証型マルチホップ制御通信システム ~タフ・ワイヤレス~