はじめにINTRODUCTION

人々が安心して豊かなコミュニケーションを行えるよう、無線通信技術は目に見えないところで活躍しています。例えば、スマートフォンやテレビ、ラジオなど、私たちの身近にある通信機器の多くに無線通信技術が使われています。また、山間部や離島など光ケーブルの敷設が難しい地域、大規模な災害発生時において、衛星通信や携帯電話は最も頼れる通信手段です。

情報通信研究機構ワイヤレスネットワーク総合研究センターでは、あらゆる状況下で人やモノが柔軟かつ確実に繋がり、周波数資源やエネルギー資源を有効に利用できる無線通信技術の研究開発に取り組んでいます。

最新情報NEWS & TOPICS

2019年3月11日
お知らせ
HANNOVER MESSE 2019で講演を行います。
2019年3月4日
お知らせ
超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の実験を終了しました。
2019年3月4日
お知らせ
耐災害ICT研究シンポジウム2019で講演を行います。
2019年2月27日
お知らせ
第64回前島密賞を共同受賞しました。
2019年2月14日
お知らせ
国際理学観測衛星ライズサットを搭載した超小型光送信器(VSOTA)の初期運用を開始しました。
2019年1月24日
プレスリリース
ドローン同士の直接通信でニアミスを自動的に回避する実験に成功しました。
2018年12月11日
イベント
ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP) 2019を開催します。