ワイヤレスシステム研究室

ホーム > 当センターについて > ワイヤレスシステム研究室

ワイヤレスシステム研究室

研究概要

ワイヤレスシステム研究室では、主として地上の無線ネットワークに関する要素技術やシステム構築のための研究開発を行い、周波数の有効利用や安心・安全な無線通信の実現を目指します。

研究プロジェクト

ワイヤレスネットワーク制御・管理技術(インフラ機能高度化)

第5世代移動通信システム(5G)に役立つ周波数共用技術や、通信トラフィック分散のためのワイヤレスネットワーク制御・管理技術の研究開発を行っています。また、高度道路交通システム(ITS)や消防・警察といった自営系システムとの連携、及びミリ波・テラヘルツ波を用いた高速伝送技術の適用も検討しています。

ワイヤレスネットワーク制御・管理技術(インフラ機能高度化)画像

関連項目

複数事業者間の協調多数同時接続と低遅延を実現する無線アクセス技術

ワイヤレスネットワーク適応化技術(端末網形態多様化)

IoTやビッグデータの構築に不可欠なデータ収集を確実に実現するため、端末数や通信範囲といったネットワーク規模と利用環境を認識し、端末が状況に適応して機能するネットワーク適応化技術の研究開発を行っています。 ワイヤレスネットワーク適応化技術(端末網形態多様化)画像

ワイヤレスネットワーク高信頼化技術(信頼性向上・適用環境拡張)

閉鎖空間や海中、或いは体内・体外間通信のように、無線通信の極限環境においても通信リンクを確立できる可用性の高い通信方式の研究開発を行っています。また、ドローンを含むロボット群や無人航空機を確実に制御するために必須となる、レイテンシ(伝送遅延)保証技術の研究開発にも取り組んでいます。 ワイヤレスネットワーク高信頼化技術(信頼性向上・適用環境拡張)画像1 ワイヤレスネットワーク高信頼化技術(信頼性向上・適用環境拡張)画像2

関連項目

見通し外の無人機を安全運航するための無線技術無人航空機に関する無線通信技術・システム極限環境ワイヤレス端末間ワイヤレスネットワーク

メンバー

研究室長

児島 史秀

総括研究員

李 還幇

研究マネージャー

石津 健太郎、滝沢 賢一

主任研究員

板谷 聡子、大堂 雅之、小野 文枝、沢田 浩和、張 兵、表 昌佑、Filin Stanislav、松村 武、村上 誉、李 可人、Villardi Gabriel Porto、松田 隆志

研究員

伊深 和雄、加川 敏規、Nguyen Kien、景 輝、Kibria Mirza Golam、Ma Jing、川崎 耀、単 麟、趙 欧、森山 雅文、Liao Wei Shun

有期一般職・短時間一般職

有村 則子、金子 恵、越川 三保

派遣等

鈴木 愛子、立花 歩、山根 優子

所在地

〒239-0847神奈川県横須賀市光の丘3-4

交通案内・アクセス

お問い合わせ先

当研究室に関するお問い合わせは、研究室窓口までご連絡ください。

メールアドレス:問合せ用メールアドレス画像

トップへ戻る