ワイヤレスシステム研究室 研究プロジェクト

端末間ワイヤレスネットワーク

高可用性を実現する端末間ワイヤレスネットワークの概要

地域内を移動するバスを含め、端末のみで柔軟にネットワークを構成し、新しい形態の故障や災害に強いネットワークを開発しています。 従来の中央制御方式を分散制御方式に改めることによって、個々の端末装置の故障や停止がネットワーク全体に影響を及ぼすことを排除し、分散制御の効率を高める通信プロトコルを開発しています。 行政サービス情報や地域イベント、広告の配信、地域の環境情報の収集等、地域社会に密着した情報ネットワークの実現に期待されます。

端末間ワイヤレスネットワークの利用イメージ

研究成果(実績)

東京都お台場および京都府精華町に端末間通信テストベッドを構築し、様々な通信環境に適した通信プロトコルの評価・実証を行っています。 また、テストベッド実証で得られた成果を端末間ワイヤレスネットワーク関連標準IEEE802.15.8へ提案し、国際標準規格の成立に寄与しています。