ワイヤレスシステム研究室トップ 研究室について ニュース・イベント情報 研究プロジェクト IR-UWB技術 海中電波利用 端末間通信(D2D) 低遅延・多数接続ワイヤレス(STABLE) Flexible Factory Project 無人航空機関連の通信技術 ローカル5Gシステムと応用 ワイヤレスグリッド 研究者 成果 技術移転 刊行物・公開資料 報道発表 受賞・表彰 あなたとつくる 共同研究・連携 技術相談 採用情報 主催イベント Web Cafe Instagram Twitter 所在地 ワイヤレスネットワーク総合研究センター NICT本部 鹿島宇宙技術センター お問合せ ワイヤレスネットワーク総合研究センター 宇宙通信研究室 ×
MENU WNRC logo News & Info Blog Access Contact EN JP
見出しアイコン

Access

ワイヤレスネットワーク

総合研究センター

(神奈川県横須賀市)

×

端末間通信

概要 技術解説 研究メンバー 成果
研究プロジェクト 端末間通信 見出しアイコン

Device-to-Device (D2D) Communications

端末間通信

端末間通信のための物理層やMACについて研究開発を行っています。

端末間通信の実証検証について、右図に示すようなバスなどの移動を利用した地域内に限定した情報集配信と広告等の利用に関する実証実験を実施し、さらに、インフラが健全でないまたはインフラ投資に採算が取れない過疎地域における情報伝達や高齢者見守りのための端末間通信を用いたシステム開発などに取り組んでいます。

技術解説

端末間通信

端末間通信とは中央制御装置を使用せず、無線端末同士が自律的にネットワークを構成するD2D(Device-to-device)通信を指します。

通信範囲にある無線端末はプロトコルに従って相互接続するため、個別装置の故障・停止によるネットワークへの影響が小さいです。

このような端末間通信のための国際標準規格IEEE Std 802.15.8は2018年に発行されましたが、 NICTはこの標準規格の策定に大きく貢献しました。

研究メンバー

成果例

  1. 特許第6281859号「無線通信方法」(平成30年2月2日)
  2. 特願2018-124301「分散同期方法および分散同期装置」
  3. H.-B. Li, R. Miura, and F. Kojima, “A study on Quick Device Discovery for Fully Distributed D2D Networks”, IEICE Trans. on Commun., vol. E101-B, No. 3, pp.628-636, March 2018.

もっと応援したい

一緒に研究したい

ここで働いてみたい

技術相談したい

SHARE & BOOKMARK

見出しアイコン

CONTACT

お問合せ

ワイヤレスシステム研究室に関するお問合せは、こちらへご連絡ください。

MAIL

wsl-info@ml.nict.go.jp

TEL

046-847-5050

FAX

046-847-5059

お問合せフォーム

トップページ NICT TOP サイトマップ サイトポリシー

Copyright © 2019 National Institute of Information and Communications Technology. All Rights Reserved.

MENU × トップページ 研究室について ニュース・イベント情報 研究プロジェクト IR-UWB技術 海中電波利用 端末間通信(D2D) 低遅延・多数接続ワイヤレス(STABLE) Flexible Factory Project 無人航空機関連の通信技術 ローカル5Gシステムと応用 ワイヤレスグリッド 研究者 成果 技術移転 刊行物・公開資料 報道発表 受賞・表彰 あなたとつくる 共同研究・連携 技術相談 採用情報 主催イベント Web Cafe Instagram Twitter 所在地 ワイヤレスネットワーク総合研究センター NICT本部 鹿島宇宙技術センター お問合せ ワイヤレスネットワーク総合研究センター 宇宙通信研究室