ワイヤレスシステム研究室トップ 研究室について ニュース・イベント情報 研究プロジェクト IR-UWB技術 海中電波利用 端末間通信(D2D) 低遅延・多数接続ワイヤレス(STABLE) Flexible Factory Project 無人航空機関連の通信技術 ローカル5Gシステムと応用 ワイヤレスグリッド 研究者 成果 技術移転 刊行物・公開資料 報道発表 受賞・表彰 あなたとつくる 共同研究・連携 技術相談 採用情報 主催イベント Web Cafe Instagram Twitter 所在地 ワイヤレスネットワーク総合研究センター NICT本部 鹿島宇宙技術センター お問合せ ワイヤレスネットワーク総合研究センター 宇宙通信研究室 ×
MENU WNRC logo News & Info Blog Access Contact EN JP
見出しアイコン

Access

ワイヤレスネットワーク

総合研究センター

(神奈川県横須賀市)

×

ローカル5Gシステムと応用

概要 技術解説 研究メンバー
研究プロジェクト ローカル5Gシステムと応用 見出しアイコン

Local5G System

ローカル5Gシステムと応用

5Gの実用化が近づくにつれ、商用網としてだけではなくプライベート網にも5G技術を使いたいというニーズが高まっています。商用網ではカバーされないルーラルエリアや屋での利用や、通信事業者に依存しない独自網によるネットワークの構築など、様々な用途が期待されています。

当研究室では、ローカル5Gの公共目的での活用事例として、スマート電子カーブミラーによる公共交通の安心・安全技術、および5G商用網とローカル5G網の連携による周波数利用効率の向上やユーザ体験の向上に関する研究を行っています。

技術解説

ローカル5Gと商用網の連携

5Gでは、制御信号とデータ信号の送信経路を分離する「C/U分離」技術を導入することで、Sub-6GHz帯を用いたマクロエリアで制御信号を受けつつ、ミリ波帯を用いたマイクロセルにて通信を行う、といった用途が期待できます。

この手法を拡張し、データ通信網にローカル5Gを用いることを可能にすることで、商用網と同程度の安定性を確保しつつ、ローカル5Gのエリアでは超高速、低遅延といったユーザの要求する通信性能を得られる環境を得ることが可能になります。

これらを可能とするための技術として、事業者間を跨いだ認証、制御情報の交換、周波数の共用方式等の研究開発を行っています。


スマート電子カーブミラー

見通しの悪いカーブや交差点ではカーブミラーが設置され、死角にある車や歩行者を見つけやすくしています。

このカーブミラーにセンサーやカメラを併設し、これらの情報をローカル5Gにてエッジサーバに送信し、複数からの情報を集約して車や人の位置情報を推定し、ダイナミックマップ上に反映、配信することで、公共交通の安心・安全に貢献します。

研究メンバー

もっと応援したい

一緒に研究したい

ここで働いてみたい

技術相談したい

SHARE & BOOKMARK

見出しアイコン

CONTACT

お問合せ

ワイヤレスシステム研究室に関するお問合せは、こちらへご連絡ください。

MAIL

wsl-info@ml.nict.go.jp

TEL

046-847-5050

FAX

046-847-5059

お問合せフォーム

トップページ NICT TOP サイトマップ サイトポリシー

Copyright © 2019 National Institute of Information and Communications Technology. All Rights Reserved.

MENU × トップページ 研究室について ニュース・イベント情報 研究プロジェクト IR-UWB技術 海中電波利用 端末間通信(D2D) 低遅延・多数接続ワイヤレス(STABLE) Flexible Factory Project 無人航空機関連の通信技術 ローカル5Gシステムと応用 ワイヤレスグリッド 研究者 成果 技術移転 刊行物・公開資料 報道発表 受賞・表彰 あなたとつくる 共同研究・連携 技術相談 採用情報 主催イベント Web Cafe Instagram Twitter 所在地 ワイヤレスネットワーク総合研究センター NICT本部 鹿島宇宙技術センター お問合せ ワイヤレスネットワーク総合研究センター 宇宙通信研究室