ワイヤレスシステム研究室

ワイヤレスシステム研究室 トップ > ワイヤレスネットワーク高信頼化技術

ワイヤレスネットワーク高信頼化技術

研究概要

閉鎖空間や海中、或いは体内・体外間通信のように、無線通信の極限環境においても通信リンクを確立できる可用性の高い通信方式の研究開発を行っています。また、ドローンを含むロボット群や無人航空機を確実に制御するために必須となる、レイテンシ(伝送遅延)保証技術の研究開発にも取り組んでいます。

研究紹介

見通し外の無人機を安全運航するための無線技術

地上制御局から直接電波が届かない見通し外のドローンやロボットとの間でコマンド・テレメトリの送受信を維持するためのレイテンシ保証型のマルチホップ制御通信技術や、複数のドローンや有人ヘリ等の間で位置情報をリアルタイムに共有するシステムの研究開発を進めています。

無人航空機に関する無線通信技術・システム

NICTが開発した小型無人航空機を用いた中継伝送技術等の応用展開として、災害時対応・有害鳥獣監視・農作物育成状況監視等に関する実証実験を行っています。

極限環境ワイヤレス

閉鎖空間や海中、或いは体内・体外間通信のように、無線通信の極限環境においても通信リンクを確立できる可用性の高い通信方式の研究開発を行っています。

端末間ワイヤレスネットワーク

災害時等でハブ局が動作しない場合でも、端末同士で確実に情報伝達を行う自律分散型端末間ワイヤレスネットワークの研究開発を行っています。

トピックス

トップへ戻る