ワイヤレスシステム研究室 研究プロジェクト

ワイヤレスシステム研究室 トップ > ワイヤレスネットワーク高信頼化技術 > 見通し外の無人機を安全運航するための無線技術

見通し外の無人機を安全運航するための無線技術  ~タフ・ワイヤレス~

タフ・ワイヤレスとは

NICTが開発した、建造物密集地や山間部などの電波的な遮蔽が多い環境において、ロボットやドローンの見通し外制御を可能とする無線制御通信システムです。

タフワイヤレスのシステム説明図、及び開発した装置の諸元

研究成果(実績)

タフ・ワイヤレスを用いてドローンを遠隔飛行制御し、地形や樹木による遮蔽で制御局側から電波的に見通し外となるエリアを飛行させることに成功しました。

2016年11月に実施した評価実験

ドローンの安全運航のための飛しょう体間位置情報共有無線技術 ~ドローンマッパー~

1~2kmの範囲で無人機同士、或は有人ヘリとの間で位置情報を共有し、将来の衝突回避・運行管理に向けた基盤をめざしています。

ドローンマッパーのシステム概要とモニタ画面

応用例・利活用シーン

ドローンや有人ヘリに「ドローンマッパー」装置を搭載することで、位置情報共有、衝突回避・運行管理等に活用できます。

2016年11月に実施した評価実験