1. HOME
  2. / 研究所について

未来ICT研究所概要

領域融合を活かした、ICTフロンティア領域における新たな情報通信パラダイムの創出を目指します。
情報通信における将来的課題を抜本的に解決すると同時に国際的研究拠点として社会に貢献します。
また、産学官一体となった研究連携を促進します。

  
   
  • Director General  

    研究所長
    和田 尚也
    Wada Naoya

        
  • ご挨拶

     

    ~ 従来の概念を超えたイノベーションの創出と育成 ~

    NICTでは、観る、繋ぐ、創る、守る、拓く、の5つ言葉とそれぞれ紐付けられた5分野において研究開発を実施しています。各分野の研究主体となるのが5つの研究所です。“情報通信の新しい地平を「拓く」”をその理念とし据える未来ICT研究所は、この5研究所中でも特に先端的・基礎的な研究テーマを実施します。
    2021年4月からの第5期中長期計画を開始しました。前中長期計画までは「フロンティア研究分野」でしたが、今中長期計画からは「フロンティアサイエンス研究分野」となり“サイエンス”が加わりました。これは、未来を拓くために、“これまで以上に高度な学術的知見”に裏付けされた、先端的・基礎的な研究開発を実施することへの期待と捉えています。不毛にも見える辺境(Frontier)の大地を、失敗を恐れず、科学(Science)という鍬で開拓し、「未来を拓く」のがその役割であると考えています。
    また、これまでの神戸と小金井の研究室・センターに、吹田の脳情報通信融合研究センター(CiNet)が加わりました。これにより未来ICT研究所はNICT内で最大規模の研究所になり、そのカバーする研究領域も広くなりました。私ども未来ICT研究所は、従来の概念を超えたイノベーションの創出と育成に取り組んでまいります。    

     
   
   
  
 
  
   

Publications

刊行物

Director General

パンフレット

未来ICT研究所

NICT NEWS 2021 No.5

NICT NEWS

2021 No.5 Vol.489

NICT REPORT 2021

NICT REPORT

2021

NICT NEWS 2020 No.3

NICT NEWS

2020 No.3 Vol.481

NICT NEWS 2020 No.2

NICT NEWS

2020 No.2 Vol.480

情報通信研究機構年報

情報通信研究機構年報

令和元年度

情報通信研究機構研究報告

情報通信研究機構研究報告

先端ICT基盤技術特集
2020年10月発行Vol. 66 No.2

KARC Front

KARC Front

2017年1月発行 No.31

  

Fellow

NICTフェローについて

NICTフェローの称号は、NICT職員の中から、NICTにおける職務として行った研究開発やその成果の普及において特に顕著な功績があると認められる者のうちから選考により授与されるもので、2009年に開始され、これまで7名に授与されております。 未来ICT研究所にはNICTフェローの称号を授与された者が3名おり、そのうち2名が現在も同研究所で研究活動を続けています。

  • Kazuhiro Oiwa, Ph.D.

    主管研究員 大岩 和弘

  • 主管研究員 大岩 和弘

    郵政省通信総合研究所(当時)に入所後、分子素子として優れた特性を持つタンパク質モータの構造と運動機構に関する生物物理学的研究を一貫して行ってきました。特にダイニンの構造と機能の解析を物理学的視点から進め、この分野の発展に貢献してきました。必要最少限の構成要素を用いて、タンパク質モータの機能を試験管内で再構築し、その解析を行う「in vitro 再構成実験系」と、一つのタンパク質モータ分子を捕捉して、その力学・酵素特性を計測する「単一分子計測手法」の開発やその発展にも貢献し、機能解析に構造解析手法を組み合わせることで、分子素子の構造から機能まで幅広く解析を進めてきました。その成果は、Nature誌をはじめとした国際一流学術誌に多数の論文として発表してきました。また、これらの成果の重要性が認められ、2005年の第23回大阪科学賞を受賞しています。さらに、タンパク質モータを新奇機能素材としてとらえて、センサーや超小型駆動装置などへの工学的応用を意識した領域融合的研究を進め、タンパク質モータ研究分野の新しい展開を試みており、2020年には、科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を共同受賞しました。分子通信や自然知という情報通信の新概念を提唱することで、世界的な新しい潮流を生み出そうとしています。

    略歴

    1993年
    郵政省通信総合研究所入所
    2008年
    未来ICT研究センター長
    2011年
    未来ICT研究所長
    2013年
    NICT Fellow
    2021年
    脳情報通信融合研究センター 副センター長 現在に至る

    兵庫県立大学連携大学院教授 理学博士

    learn more >
  • Masahide Sasaki, Ph.D

    量子ICT協創センター 研究センター長
    佐々木 雅英

  • 量子ICT協創センター 研究センター長
    佐々木 雅英

    郵政省通信総合研究所(当時)に入所して以来、量子通信や量子暗号の研究開発に取り組んできました。入所当時は、ピーター・ショアが量子計算アルゴリズムを発見した頃で、当該分野が急速に進展し始めた時期に当たります。2001年には量子情報技術研究室が誕生し、また量子暗号に関するNICT委託研究も始まり、本格的な産学官連携プロジェクトが始まりました。2003年には従来理論の「シャノン限界」を打破する量子通信が実際に可能であることを実験的に実証しました。その後も、研究室一丸となって量子通信理論の構築や光量子制御技術の新原理実証に取り組んできました。 産学官連携プロジェクトでは、量子鍵配送(QKD)装置の性能を大幅に改善し、2010年に量子暗号ネットワーク(Tokyo QKD Network)を構築して動画の完全秘匿伝送を世界で初めて実現しました。最近では、量子暗号と現代暗号を組み合わせた超長期間安全なデータストレージシステムの開発や、光空間通信やドローンなどの移動体通信の大容量化・高秘匿化など、新しい適用領域の開拓に取り組んでいます。 量子通信や量子暗号の成果を意味ある社会実装につなげるためには、暗号技術、符号化技術、ネットワーク技術、移動体技術といった周辺分野と適切に融合させることが必須です。そのためには周辺分野の技術習得が必要で、場合によっては周辺分野自体の新技術まで我々で開発する必要もあり、時間も手間もかかります。一見すると基礎研究から離れた実用に近い現場ですが、逆に真の異分野融合が必要であり、そういった格闘の中から多くの分野の根幹を貫く普遍的なICTの原理が垣間見えそうな手ごたえもあり、エキサイティングな毎日です。

    略歴

    1996年
    郵政省通信総合研究所入所 COE特別研究員
    2001年
    基礎先端部門 量子情報技術グループリーダー
    2016年
    NICT Fellow
    2021年
    量子ICT協創センター 研究センター長 現在に至る

    博士(理学)

    learn more >

History

未来ICT研究所の沿革

1989

設立

1991

第一研究棟の完成

2001

Kansai Advanced Research Center(KARC)

2011-

未来ICT研究所
(神戸/小金井)

1989
設立(4研究室)
1991
第一研究棟の完成、関西における本格的研究活動の開始
1993
情報系3研究室、物性系3研究室・1特別研究室およびバイオ系3研究室となる
1994
第二研究棟などの竣工
1996
クリーンルーム、APII棟の竣工
1998
第三研究棟の竣工
2000
情報系3研究室が、けいはんな情報通信融合研究センターへ移転する
2001.1
郵政省が総務省に再編
2001.3
第四研究棟の竣工
2001.4
独立行政法人 通信総合研究所 関西先端研究センターとなる
2004.4
独立行政法人 情報通信研究機構 関西先端研究センターとなる
2006.4
独立行政法人 情報通信研究機構 未来ICT研究センターとなる
2008.4
独立行政法人 情報通信研究機構 神戸研究所 未来ICT研究センターとなる
2011.4
独立行政法人 情報通信研究機構 未来ICT研究所となる(神戸3研究室、小金井2研究室)
2013.4
脳情報通信研究室が脳情報通信融合研究センターへ移転(神戸2研究室、小金井2研究室となる)
2015.4
国立研究開発法人 情報通信研究機構 未来ICT研究所となる
2015.4
国立研究開発法人 情報通信研究機構 未来ICT研究所となる
2021.4
脳情報通信研究室が脳情報通信融合研究センターを加え(3研究センター、11研究室)となる
【参考】
年表「未来ICT研究所30年のあゆみ」[PDF2.74MB]
未来ICT研究所開所30周年記念ビデオ「未来ICT研究所30年のあゆみ」[MP4]

Access

アクセス

  • Map-Koganei Map-Koganei
  • 未来ICT研究所

    小金井フロンティア研究センター

    企画室・量子ICT研究室・超高周波ICT研究室・グリーンICTデバイス研究室

    [ 所在地 ]

    〒184-8795 東京都小金井市貫井北町4-2-1
    Tel:(042)-327-7429(代)

    交通のご案内 >
  • cinet Map-cinet
  • 未来ICT研究所

    脳情報通信融合研究センター(CiNet)

    企画室・脳情報通信融合研究室・脳機能解析研究室・脳情報工学研究室

    [ 所在地 ]

    〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4
    E-mail: info at cinet.jp

    交通のご案内 >

Contact

お問い合わせ

  • 総合企画室

    未来ICT研究所総合企画室は、当研究所における研究活動を支援します。研究所の総務・財務系の支援的業務を効率的に行うことに加え、研究者が円滑に研究を行えるよう、また研究が大きく進展するように、機構内の研究所をはじめ国内外の研究機関との産学連携、広報等成果展開、知財、共同研究の推進支援などの研究企画業務を担います。 研究所見学のご希望、研究連携や技術に関するご相談、人材交流等については、当企画室にお問い合わせください。

    ♥ お問い合わせ
    Tel:(078)969-2100
    Fax:(078)969-2200
    mail
    Dr.Karc&MikuDr.カーク&ミクさん