研究センター長挨拶

量子ICT協創センター所長

量子ICT協創センターの
ウェブサイトにようこそ。

量子ICT協創センター研究センター長 佐々木 雅英

弊センターは、量子技術が拓く新たな情報セキュリティを社会へ届けることを目的に2021年4月に発足しました。
現在のインターネットを駆け巡る情報の実体は、0と1という記号を表す電気や光のパルスの膨大な羅列です。この2つの数字による情報の抽象化が完成したのは20世紀の半ば頃ですが、この枠組みが今日まで延々と使いつづけられてきました。しかし、この枠組みは、今、量子力学という究極の物理法則によって書き換えられ、新たなパラダイムへ飛躍しようとしています。
量子力学の世界から素直な心で眺めると、究極の情報を担うのは、確固として曖昧さのかけらもない0, 1のビットではなく、0でもあり1でもありうるような量子力学的なビット、キュービット(quantum bitの略)になります。1990年代半ばには、キュービットで構成される量子コンピュータが、現在の暗号システムを瞬時に解読することが示され、社会に衝撃を与えました。今日、小規模の量子コンピュータのクラウドサービスが始まっています。
一方、量子コンピュータによってその安全性が冒されはじめた現代暗号に換って、究極の安全性を保証する新しい方式が量子暗号です。量子暗号はすでに実用化され、各国でインフラ構築が始まりつつあります。
今後、情報通信システムは『量子』の土台の上に再構築されてゆくと思います。実際、量子コンピュータや量子暗号を従来の技術と融合することにより、新しいアプリケーションやサービスが生み出され始めています。
このような背景のもと、弊センターは、研究開発から社会実装、標準化、人材育成にわたる様々な活動を一人でも多くの方々と連携して進めるため、オープンな協創環境を整備しています。様々な分野、業界の皆様と力を合わせ、新たな融合領域「量子セキュリティ分野」の創成や成果の社会実装に取り組んで参りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

プロフィールと近況紹介

私は大学1年目で受けた量子化学の講義で量子の魅力に取りつかれ、以来、量子の世界の研究に携わってまいりました。大学院では物性物理学を専攻し、卒業後は鉄鋼会社に就職し半導体デバイスの開発に従事しました。その頃、書店でふと手にした本がきっかけで、量子通信の勉強にのめり込み週末などに論文を書くようになりました。

鉄鋼会社に4年間務めた後、1996年に縁あってNICTの前身である郵政省通信総合研究所(当時)に入所しました。与えられたテーマは光デバイスの研究開発でしたが、傍らで量子通信の研究を細々と続けていました。当時、ピーター・ショアが量子計算アルゴリズムを発見した頃で、量子情報科学という分野が急速に進展し始めていました。郵政省は、いち早く量子通信や量子暗号の可能性に目を付け、通信総合研究所とともに調査研究を開始しました。1998年頃のことです。

そして、2001年には、量子情報技術グループが発足し、同時に量子情報通信に関する国家プロジェクトが立ち上がりました。私はその取りまとめをさせて頂く機会に恵まれ、以後、産学官の仲間とともに、量子通信や量子暗号の研究開発に取り組んで参りました。2010年には、都市圏の量子暗号ネットワーク(Tokyo QKD Network)を構築して動画の完全秘匿伝送を世界で初めて実現しました。Tokyo QKD Networkで開発された技術は2019年頃から次々と国際標準に採択されています。

量子通信や量子暗号の社会実装には、暗号技術、符号化技術、ネットワーク技術、衛星通信技術といった周辺分野と適切に融合させることが必須です。そのためには周辺分野の技術習得が必要で、場合によっては周辺分野自体の新技術まで我々で開発する必要もあり、時間も手間もかかります。一見すると基礎研究から離れた実用に近い現場ですが、逆に真の異分野融合が必要であり、そういった格闘の中から情報通信分野の根幹を貫く普遍的な原理が垣間見えてきます。

現在、弊センターでは、基礎研究から応用研究、社会実装に至るまで様々なテーマに係る打合せ、勉強会が日々開催されています。参加者のスペクトルは、産学官の組織の研究部門、事業部門、知財や標準化部門、事務部門など多岐にわたります。量子技術が切り開く研究開発やビジネスの最前線は、週単位で技術やビジネスの風景が塗り替わるような躍動感に溢れています。

エキサイティングな時間を皆さまと共有し、ともに取り組んで行けることを願っております。

Profile
量子ICT協創センター研究センター長 佐々木 雅英
1996年 郵政省通信総合研究所入所 COE特別研究員
2001年 基礎先端部門 量子情報技術グループリーダー
2016年 NICT Fellow
2021年 量子ICT協創センター 研究センター長 現在に至る
博士(理学)
PAGETOP