連携

量子ICT協創センターでの連携

量子ICT協創センターでの連携

産業界、大学・研究機関との連携

大学や研究機関と連携しての研究開発はもちろん、企業との共同研究や、協力しての国際標準化の推進により、研究成果の創出だけでなく、技術の普及、社会実装に向けた取り組みを強化していきます。
また、量子技術に関するコンソーシアムへの参画により、産学官連携と人材交流、最新の研究成果の発信や技術動向に関する情報交換の活性化を図ります。

テストベッドの共同利用

Tokyo QKD Networkを中心としたオープンテストベッドの構築・拡充を進めています。企業と共同での技術検証を行うことで、技術の事業化、社会実装に向けた動きを加速化させるとともに、参画企業間の連携や、成果発信による新たな企業の参画を促してまいります。

連携の方法について

守秘義務契約を締結した上でのご相談

ご関心のあるテーマについて、当センターとの共同研究が有効かどうかを双方で検討する等の目的で、守秘義務契約を締結した上でご相談させていただきます。

共同研究契約の締結

共同研究が双方にとって有効と判断される場合、特定のテーマを設定し、共同研究契約を締結の上、分担・協力して研究することが可能です。

拠点連携参画規約

当センターが、共同研究等の契約を締結している企業等の間での技術連携を推進するハブ機能を担う目的で、共通の拠点連携参画規約を設定して情報交換を行っていただける環境を整えています。(準備中)

PAGETOP