ニュース

研究成果のプレスリリースや新聞・TVなどのメディア情報、公開実験予定などの最新情報をご案内します。

平成30(2018)年度

  • 2019年3月11日

「HANNOVER MESSE 2019」での講演

2019年4月3日(水)にドイツ国ハノーファー市で開催される「HANNOVER MESSE 2019」にて、ワイヤレスシステム研究室 主任研究員の板谷 聡子が講演致します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

当総合研究センターの講演

15:45~16:10 「Human, Machine and Artificial Intelligence - Towards co-creative factories 」

ワイヤレスシステム研究室  主任研究員  板谷 聡子

  • 2019年3月4日

超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の実験終了について

NICTとJAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)が開発した超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS*)は、2008年2月23日に打ち上げられて以降、約11年間様々な実験に使用されてまいりましたが、2019年2月27日に運用終了になりました。これに伴い、NICTでのWINDSを用いた実験も終了することとなりました。

WINDSは、設計寿命5年の運用目標を大きく超える11年にわたり実験運用を継続し、多くの通信実験を含むミッションを完了いたしました。WINDSを使用して2009年に硫黄島からの皆既日食映像伝送実験、東日本大震災時及び熊本地震時の臨時通信回線の提供、衛星中継伝送では世界最高速となる3.2Gbps伝送を成功させるなど数々の成果を上げてきました。

WINDSを用いた実験終了のご報告にあたり関係者の皆様に深く感謝いたしますとともに、この成果を今後の衛星通信技術の研究開発に活かしてまいります。

* Wideband InterNetworking engineering test and Demonstration Satellite

関連部署: 宇宙通信研究室
  • 2019年3月4日

「耐災害ICT研究シンポジウム2019」での講演

2019年3月25日(月)にTKPガーデンシティ仙台で開催される「耐災害ICT研究シンポジウム2019」にて、宇宙通信研究室副室長の高橋 卓が講演致します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

当総合研究センターの講演

13:55~14:20 「NICTにおける災害衛星通信と技術試験衛星9号機の取り組み」

宇宙通信研究室  副室長  高橋 卓

関連部署: 宇宙通信研究室
  • 2019年3月1日

「IoT国際シンポジウム2019」へのパネル参加

2019年3月8日(金)にベルサール神田で開催される「IoT国際シンポジウム2019」にて、ワイヤレスシステム研究室 主任研究員 板谷聡子がパネリストとして参加します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

参加するパネルディスカッション

13:40~14:40 「製造現場のIoT化・AI活用と日本-ドイツの連携」

  • 2019年2月27日

第64回前島密賞の共同受賞(ワイヤレスシステム研究室 児島)

ワイヤレスシステム研究室長 児島史秀は、「スマートメーター用無線通信システムに関する研究開発・標準化・実用化」の研究において、省電力動作を実現するMAC層プロトコルの開発、及び標準化の仕様策定への貢献が評価され、公益財団法人通信文化協会から、第64回前島密賞を共同受賞しました。

贈呈式は、4月10日(水)に、日本郵政グループ本社前島ホールで挙行されます。

  • 2019年2月27日

「日本電子材料技術協会新春特別セミナー」での講演

2019年3月5日(火)に早稲田大学で開催される「日本電子材料技術協会新春特別セミナー」にて、ワイヤレスシステム研究室の研究マネージャー 石津健太郎が5G通信のセキュリティについて講演します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

当総合研究センターの講演

16:45~17:15 「サイバー空間におけるデータセキュリティ」

ワイヤレスシステム研究室  研究マネージャー  石津 健太郎

  • 2019年2月14日

国際理学観測衛星ライズサットを搭載した超小型光送信器(VSOTA)の初期運用開始

NICTは、東北大学等が中心となって研究開発し、今年1月18日に打ち上げられた国際理学観測衛星ライズサット(RISESAT:Rapid International Scientific Experiment SATellite)に搭載したNICT開発の超小型光送信器(VSOTA:Very Small Optical TrAnsmitter)が地球周回軌道において正常に動作していることを確認しました。

VSOTAは、NICTが2014年~16年にかけて宇宙実証を行った小型衛星SOCRATES搭載の小型光通信ターミナルSOTA(Small Optical TrAnsponder)のコンポーネントを利活用したもので、衛星の重量や電力に制限のある超小型衛星で光通信技術を利用するために開発されました。これまでに日本で開発された衛星搭載用光通信機器では最も小型・軽量で、世界のシステムの中でも超小型です。

今後、NICTは、VSOTAのチェックのため東北大学が実施するライズサット衛星本体の機能評価と他のミッションの性能評価スケジュールに沿って、レーザによる軌道・姿勢の確認や光源の初期性能確認作業を行い、準備が整い次第、光通信実験を実施して参ります。

関連部署: 宇宙通信研究室
  • 2019年1月22日

第23回「震災対策技術展」横浜 への出展

NICTは、2019年2月7日(木)・8日(金)の2日間、パシフィコ横浜で開催される「第23回 震災対策技術展 横浜」において、震災対策技術に関する研究成果の展示を実施します。

参加無料です。多くの方のご参加を心よりお待ち申し上げます。

当総合研究センターの出展項目
  • 省電力ワイヤレスグリッド適応化技術
  • 衛星を用いた災害応急通信技術の研究開発
  • 2018年12月28日

ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ2019への出展

NICTは、YRP地区で開催される「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ2019」において、スマートモビリティに関する研究成果の展示・デモンストレーションを実施します。

「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ2019」では、自動運転車両や次世代型パーソナルモビリティなどが一堂に会し、最新のスマートモビリティ研究開発成果を体験できます。

参加無料です。多くの方のご参加を心よりお待ち申し上げます。

ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ2019

会 期: 2019年1月24日(木)~26日(土)

NICTの展示:

  • 未来の「観る・考える」道路へ ~スマート電子カーブミラー~
  • ドローン物流を支える無線技術
  • 2018年12月28日

IoT/ICT最新動向セミナー・日本ITU協会第80回情報通信研究会での講演

2019年1月31日(木)に、名古屋市で開催される「IoT/ICT最新動向セミナー・日本ITU協会第80回情報通信研究会」において、ワイヤレスシステム研究室の主任研究員 板谷聡子が、「Flexible Factory Project -製造現場における無線の利活用と課題-」と題する講演を行います。

ご関心のある方は是非ご参加ください。

  • 2018年12月11日

ワイヤレス・テクノロジー・パーク (WTP) 2019の開催

NICTは、YRP研究開発推進協会、及びYRPアカデミア交流ネットワークと共同で、2019年5月29日(水)から31日(金)の3日間、東京ビッグサイトにおいて「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2019」を開催します。

WTPは無線通信技術の研究開発に焦点を当てた国内最大級の専門イベントで、国内外から産学官の機関が集結し、「展示会」「セミナー」「アカデミアセッション」を通じて最新のワイヤレス技術紹介や人材交流、技術交流を促進します。

WTP2019では、ワイヤレスソリューションの専門展「ワイヤレスジャパン」と共同で2日間にわたる基調講演を開催するほか、5GやIoTを中心とした最新トピックによる企画展示やセミナーを多数予定しています。

本イベントへの出展やアカデミアセッションへの参加をご希望の方は、公式サイトよりお問合せ下さい。

多くの方のご参加を心よりお待ち申し上げます。

ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2019

会 期: 2019年5月29日(水)~31日(金)

会 場: 東京ビッグサイト 西3・4ホール、会議棟

メインテーマ: ワイヤレスで新たな社会をデザインする ~5G到来、そしてSociety 5.0へ~

関連分野:

  • Society 5.0
  • 5G(第5世代移動通信システム)、Beyond 5G
  • IoT (Internet of Things)
  • ITS、コネクテッドカー
  • 衛星・屋内測位、位置情報
  • 工場向け無線技術・システム
  • ミリ波・テラヘルツ波技術
  • 極限環境ワイヤレス(宇宙・洋上・海中通信等)
  • ロボット・ドローン通信技術
  • 2018年12月11日

IEEE 2018 Satellite Communications Distinguished Service Award を受賞(宇宙通信研究室 豊嶋)

宇宙通信研究室長 豊嶋守生は、光衛星通信技術の研究開発など、これまでの衛星通信分野の研究開発の成果が評価され、IEEE Communications Society 衛星通信技術委員会(SSC)から、2018 Satellite Communications Distinguished Service Awardを受賞しました。

同賞は、12月11日にアラブ首長国連邦で開催されたIEEE Global Communications Conference(Globecom 2018)において授与されました。

関連部署: 宇宙通信研究室
IEEE2018での授与の様子
  • 2018年12月2日

WPMC2018で最優秀論文賞を受賞(ワイヤレスシステム研究室 森山)

11月25~28日にタイで開催されたWPMC2018(第21回国際パーソナルマルチメディア無線通信シンポジウム)において、ワイヤレスシステム研究室の研究員 森山雅文が最優秀論文賞を受賞しました。

WPMC2018での受賞の様子
  • 2018年11月28日

三菱みなとみらい技術館で開催される企画展への展示協力

NICTは、2018年12月1日(土)~2019年1月14日(月・祝)に、三菱みなとみらい技術館で開催される企画展「ロケット×人工衛星 ー最新宇宙ミッションを追え!ー」 に協力し、 当総合研究センターから超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の模型等を出展します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

関連部署: 宇宙通信研究室
  • 2018年11月20日

日刊工業新聞に当総合研究センターの研究者によるコラムが掲載

本日から10週にわたり、毎週火曜日の日刊工業新聞において、当総合研究センターの研究者によるコラムが掲載されます。ぜひご覧下さい。

第1週目:2018年11月20日(25面)

「将来の携帯電話システム 5Gに新しい概念を」

ワイヤレスシステム研究室  研究マネージャー 石津 健太郎

第2週目:2018年11月27日(23面)

「IoT向け 省電力無線通信ネット開発」

ワイヤレスシステム研究室  室長 児島 史秀

第3週目:2018年12月4日(24面)

「無線通信安定化 製造現場向け技術開発」

ワイヤレスシステム研究室  主任研究員 板谷 聡子

第4週目:2018年12月11日(23面)

「ワイヤレス通信技術 無人航空機向け開発」

ワイヤレスシステム研究室  主任研究員 小野 文枝

第5週目:2018年12月18日(21面)

「最後のフロンティア 海中で電波利用」

ワイヤレスシステム研究室  主任研究員 松田 隆志

第6週目:2018年12月25日(17面)

「衛星通信 海・空のIoT対応」

宇宙通信研究室  主任研究員 三浦 周

第7週目:2019年1月8日(21面)

「通信衛星搭載 アンテナのアレー校正」

宇宙通信研究室  研究員 大倉 拓也

第8週目:2019年1月15日(17面)

「洋上プラットフォーム向け 地球局を開発」

宇宙通信研究室  研究員 片山 典彦

第9週目:2019年1月22日(27面)

「静止衛星 光学観測で軌道決定」

宇宙通信研究室  研究マネージャー 久保岡 俊宏

第10週目:2019年1月29日(26面)

「宇宙通信ネットワーク レーザー通信が概念革新」

宇宙通信研究室  研究員 宗正 康

  • 2018年11月8日

「国際航空宇宙展2018東京」への出展

当総合研究センターは、2018年11月28日(水)~30日(金)に東京ビッグサイトで開催される「国際航空宇宙展2018東京」において、宇宙通信研究室の研究成果を出展します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

出展項目

- 電波・光のハイブリッド衛星通信の実現に向けた研究開発

- 超高速衛星通信を実現するユーザ地球局技術

関連部署: 宇宙通信研究室
  • 2018年11月8日

「SPS IPC Drives 2018」での講演

当総合研究センターは、2018年11月27日(火)~29日(木)にドイツ国ニュルンベルク市で開催される「SPS IPC Drives 2018」の展示フォーラム「VDMAフォーラム」のパネルディスカッションにおいて、Flexible Factory Projectについての講演を行います。

SPS IPC Drives 2018に参加される方は、是非、講演会場まで足をお運び下さい。

当総合研究センターの講演
11/29(木)11:00-12:00
「無線通信が切り拓くフレキシブルファクトリーの未来 ~Wireless communications energize flexible manufacturing~」
ワイヤレスシステム研究室 協力研究員 佐藤 慎一
  • 2018年11月5日

「アグリビジネス創出フェア2018」への出展

当総合研究センターは、2018年11月20日(火)~22日(木)に東京ビッグサイトで開催される「アグリビジネス創出フェア2018」において、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) 次世代農林水産業創造技術事業」の成果を出展します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

展示の概要

出展項目:圃場⽔管理広域配⽔管理Wi-SUN無線

ブース名:国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

ブース番号:生 50

  • 2018年10月23日

製造現場に混在する多様な無線通信を安定化する無線通信規格ドラフト版の取りまとめ

フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(FFPA)は、 製造現場で様々な用途として混在利用される多様な無線システムの安定化を図るための新たな無線通信規格のドラフト版を取りまとめました。

本ドラフト版には、NICTが提案した「SRF(Smart Resource Flow)無線プラットフォーム」が無線規格の基本構成として採用されています。 同プラットフォームを構築することにより、製造現場に混在している多様な世代、規格、メーカーの無線システムが共存、及び協調できるようになります。その結果、製造現場では無線通信の利活用が促進され、工場内の情報可視化や統合管理が可能になり、生産性が向上します。

本ドラフト版の概要は、FFPAが10月30日に開催するセミナー「無線の利活用がもたらす製造現場の変革」において、 ホワイトペーパーとともに発表します。是非ご参加下さい。

  • 2018年10月23日

「ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ 第7回公開フィールド評価会」開催

11月2日(金)に、福島ロボットテストフィールドにおいて、「ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ 第7回公開フィールド評価会」が開催されます。

「ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ」は、未知で想定外の極限災害現場で、遠隔自律ロボットが「タフ」に緊急情報収集・人命救助・復旧作業・予防対策ができるための、高度ロバスト屋外ロボティクス基盤技術を開発する事を目的とした研究プログラムです。

当総合研究センターは「極限音響+極限通信 ドローン聴覚と見通し外通信技術を用いた遠隔音源探査ドローンの構築」のデモンストレーションを行います。

最終回となる本フィールド評価会は、更に災害現場に近い状況で実演することによりプログラムの成果を報告致します。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

  • 2018年10月5日

「けいはんな情報通信フェア2018」への出展及び講演

NICTは、けいはんな情報通信フェア実行委員会等と共同で、10月25日(木)~27日(土)に、けいはんな地区において「けいはんな情報通信フェア2018」を開催します。

当総合研究センターは、けいはんなプラザ会場で「精華くるりんバスロケーション案内システム」を出展するほか、FlexibleFactory Partner Allianceの活動について技術講演を行います。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

当総合研究センターの出展項目

- 精華くるりんバスロケーション案内システム

当総合研究センターの講演
10/26(金)午前 けいはんなプラザ3階 ナイルB
「製造現場で安心して使える無線通信技術の実現に向けて ~Flexible Factory Partner Allianceの活動~」
ワイヤレスシステム研究室 主任研究員  丸橋 健一
  • 2018年10月5日

「CEATEC JAPAN 2018」への出展

NICTは、10月16日(火)~19日(金)に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2018」に出展します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

当総合研究センターの出展項目

- Flexible Factory:ワイヤレスで変える製造現場

- STABLE ~5Gの超多数接続を低遅延で実現する無線アクセス技術~

  • 2018年10月5日

「危機管理産業展2018」への出展

当総合研究センターは、10月10日(水)~12日(金)に東京ビッグサイトで開催される「危機管理産業展2018」の「ImPACTタフ・ロボット・チャレンジ」展示ゾーンに出展します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

当総合研究センターの出展項目

- ドローン等の見通し外運用を支援するコマンドホッパー(タフ・ワイヤレス)

- ドローン等の位置情報を共有するためのドローンマッパー

  • 2018年8月3日

世界初!極限音響+極限通信の実証実験 動画公開のお知らせ
~ドローンで被災者の声を聴き、遠方から届ける~

NICTは、2018年6月14日(木)、福島ロボットテストフィールドで開催された「ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ」第6回公開フィールド評価会に参加し、東京工業大学、熊本大学、早稲田大学、産業技術総合研究所と共同で、ドローン聴覚と見通し外通信技術を用いた遠隔音源探査ドローンの構築について、デモンストレーションを行いました。

デモンストレーションの動画を以下のページで公開しておりますのでご覧下さい。

  • 2018年7月17日

「第29回電波功績賞 電波産業会会長表彰」の受賞

6月27日、電波産業会(ARIB)による第29回電波功績賞表彰式で、国立大学法人京都大学(代表 原田博司教授)、株式会社日立国際電気(代表 加藤数衞技術統括)、NICT(代表 大堂雅之主任研究員)の共同の成果である「公共ブロードバンド移動通信システムの開発と実用化」が、電波産業会会長表彰を受賞しました。

  • 2018年7月17日

「電子情報通信学会 2017年度 業績賞」の受賞

6月7日に開催された電子情報通信学会2018年定時社員総会及び式典において、NICT、京都大学、及び東芝の共同の成果である「スマートメータ用無線通信システムに関する研究開発・標準化・実用化」が、2017年度業績賞を受賞しました。

本成果は、受賞者である原田博司教授(京都大学)、児島史秀(ワイヤレスシステム研究室)、及び神田充氏(東芝)により行われた「スマートメータ用無線通信システム」の研究開発・標準化・実用化に関するものです。

  • 2018年7月12日

「IoTで実現するフレキシブルファクトリ」開催のお知らせ

NICTは、7月25日(水)、浅草橋ヒューリックホール(東京都港区)において「IoTで実現するフレキシブルファクトリ ~工場のワイヤレス化で生産性を向上~」を開催します。

同イベントでは、IoTを駆使して様々な変化に対応するフレキシブルな工場の実現に向けた問題解決を図るセミナー、及びミニ展示会を実施します。

多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

当総合研究センターの講演
フレキシブルファクトリ ~製造現場における情報通信技術に期待と課題~
ワイヤレスシステム研究室 主任研究員  板谷 聡子
当総合研究センターの展示
  • 峡空間における周波数緻密利用による周波数利用効率向上の研究
  • 2018年7月2日

【中止】NICTオープンハウス2018 in 鹿島
「鹿島宇宙技術センター施設一般公開」のお知らせ

7/28(土)に、当総合研究センター 宇宙通信研究室の一拠点を担う「鹿島宇宙技術センター」の施設一般公開を実施します。

当日は、お子様も楽しめるスタンプラリーや工作教室など、多数の企画をご用意しておりますので、奮ってご参加ください。なお、入場は無料、駐車場も完備しております。

鹿島宇宙技術センター施設一般公開は、台風12号の影響を考慮し中止とさせて頂きました。(7/28)

  • 2018年6月12日

ドイツ生まれの潜水艦 旧日本海軍「呂500」探索プロジェクト 海底探査を生中継

この度、NICT、株式会社ドワンゴ、及び一般社団法人ラ・プロンジェ深海工学会との共同企画として、日本海の若狭湾に沈んでいるとされる旧日本海軍「呂号第500潜水艦」を視聴者とともに探索するプロジェクトを、ニコニコ生放送で生中継することが決定しました。

NICTは、超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS:Wideband InterNetworking engineering test and Demonstration Satellite)を用いて、調査海域である若狭湾の調査船と、NICT鹿島宇宙技術センターとの間で伝送速度10Mbpsの衛星通信回線を構築します。

生中継は、6月18日(月)から4日間にわたり実施します。

多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

番組詳細

■ タイトル:ドイツ生まれの潜水艦・旧日本海軍「呂500」を追え!日本海より探索調査を生中継

■ 放送日:6月18日(月)6:00~6月21日(木)予定

※悪天候等により、放送開始日時・期間に変更の可能性があります。(※調査は各日朝~夕方を予定)

■ 視聴URL: http://live.nicovideo.jp/watch/lv313510754

関連部署: 宇宙通信研究室
  • 2018年6月7日

「NICTオープンハウス2018」での研究者講演、技術展示等

当総合研究センターは、6月29日(金)、30日(土)に武蔵小金井のNICT本部で開催される「NICTオープンハウス2018」において、研究者講演、技術展示、及びラボツアーを実施します。多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

当総合研究センターの展示項目
  • 陸・海・空・宇宙をブロードバンドで繋ぐ!2030年代の衛星通信技術
  • ※奄美大島周辺の海域で実験中の船舶とNICT本部の地球局を衛星で繋ぐデモンストレーションを実施します。
  • Flexible Factory:ワイヤレスで変える製造現場
  • 見えないところを飛ぶドローンをあやつる
  • Go for 5G!超ハイスペックな2020年代の移動通信システム
当総合研究センターの研究者講演
6月29日(金)
13:15-13:55「10年後のスマホは何ができる!?われわれの研究から見えてきたこと」
ワイヤレスシステム研究室 研究マネージャー  石津 健太郎
14:45-15:25「届け!現場の声 ~Flexible Factory実現を目指して~」
ワイヤレスシステム研究室 主任研究員  板谷 聡子
当総合研究センターが実施するラボツアー

Aコース 人工衛星との光通信を可能にする大型望遠鏡

  • 2018年6月7日

「ICTフェアin東北2018」への出展

NICTは、2018年6月19日(火)、20日(水)の2日間、せんだいメディアテーク(仙台市)にて開催される「ICTフェアin東北2018」に出展します。

皆様のご来場をお待ち申し上げます。

当総合研究センターの出展項目

- 省電力無線SUN環境センサ

- 災害時に有効な衛星通信システム

  • 2018年6月7日

「ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ」第6回公開フィールド評価会への参加

NICTは、2018年6月14日(木)、福島ロボットテストフィールドにて開催される「ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ」第6回公開フィールド評価会に参加します。

皆様のご来場をお待ち申し上げます。

当総合研究センターが参加するデモンストレーション

6.飛行ロボット

  • 遠方の見えない場所からの飛行とリアルタイムの画像伝送
  • 高精度GPSを用いたレーザースキャンによる多重解像度DBの構築
  • ロボットアームによる物資輸送
  • 静音機体と極限音声探査による要救助者の捜索
  • 可変ピッチ翼による高機動飛行 等
  • 2018年6月7日

「WSN-IoT AWARD 2018:優秀賞」の受賞

このたび、NICTと国立研究開発法人農研機構による共同研究「次世代農業水管理業務へのWi-SUNの適用」が、ワイヤレススマートユーティリティネットワーク利用促進協議会主催の「WSN-IoT AWARD 2018」において優秀賞を受賞しました。

表彰式は5月23日(水)にワイヤレス・テクノロジー・パーク2018の会場で執り行われ、ワイヤレスシステム研究室の児島史秀研究室長が代表者として表彰されました。

  • 2018年6月4日

「周波数資源開発シンポジウム2018」開催のお知らせ

NICTは、7月6日(金)に、明治記念館(東京都港区)にて「周波数資源開発シンポジウム2018 -モビリティの未来を拓く新たな電波の有効利用-」を電波産業会(ARIB)と共同で開催します。

本シンポジウムでは、モビリティの観点から宇宙を含む陸海空それぞれにおける最新の無線利用技術に焦点を当て、新たな電波の有効利用方法、市場動向、政策等について、産学官の専門家による講演を行います。

多くの方々のご参加を心よりお待ち申し上げます。

関連部署: 当総合研究センター 、企画室
  • 2018年5月31日

国際情報通信技術見本市「CEBIT 2018」における講演

6/12(火)、ドイツ国ハノーバー市にて開催される国際情報通信技術見本市「CEBIT 2018」において、企画イベント「Japanese-German Wireless Forum on IoT-Enabled Digital Industry」が実施されます。

同フォーラムでは、ワイヤレスシステム研究室の主任研究員 板谷聡子が、「Flexible Factory: Wireless Technology, a Driver for Factory IoT」と題して講演を行います。

CEBIT 2018に参加される方は、是非、同フォーラムにもお越し下さい。

  • 2018年5月7日

「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2018」への出展、及び講演

当総合研究センターは、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2018」において、最新成果のデモ展示、及び講演を行います。多くの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

当総合研究センターの展示項目
  • モノ同士ネットワークの多様性を支えるワイヤレスグリッド技術
  • 次世代移動通信システムに向けた協調制御アーキテクチャと交通支援システムの高度化
  • コネクテッド・ロボットの活用に向けたワイヤレスネットワーク高信頼化技術
  • これからの光衛星通信
  • 海洋・宇宙ブロードバンド衛星通信システム
  • Flexible Factory:ワイヤレスで変える製造現場
  • ※Flexible Factory は、NICTブースではなく「Flexible Factory Projectパビリオン」での展示となります。

当総合研究センターの講演
5月23日(水)
コース:T3-3-6 ドローン制御・管理を支えるワイヤレス技術の最新動向
14:10-14:50「目視外の安全なドローンの運行を支える電波技術に関する取り組み」
総合研究センター 上席研究員  三浦 龍
コース:T3-6-5A 極限環境の挑戦 -ワイヤレス技術の可能性を探る-(極地、深海等)
15:10-15:40「衛星量子通信の可能性と展望 」
宇宙通信研究室 研究員  竹中 秀樹
コース:T3-10-5A 極限環境の挑戦 -ワイヤレス技術の可能性を探る-(海中、生体内外通信等)
16:00-16:30「海中電波利用に関する研究開発 」
ワイヤレスシステム研究室 研究マネージャー  滝沢 賢一
5月24日(木)
コース:T4-3-4 NICTセッション -NICTのワイヤレス研究の最新動向-
13:00-13:10「地上から海や宇宙まで:拡がるNICTワイヤレス通信の研究開発」
総合研究センター室長  浜口 清
13:10-13:30「IoT社会を支えるワイヤレスNW適応化技術の研究開発」
ワイヤレスシステム研究室長  児島 史秀
13:30-13:50「NICTにおける5G時代に向けた研究開発」
ワイヤレスシステム研究室 研究マネージャー  石津 健太郎
13:50-14:20「宇宙通信技術に関する研究開発」
宇宙通信研究室長  豊嶋 守生
5月25日(金)
コース:T-5-1-4 電子情報通信学会スマート無線研究会 出展者プレゼンテーション
12:00-12:10「自律型モビリティシステムを支える路側センサーによる道路情報の認識・転送技術の実証試験」
ワイヤレスシステム研究室 主任研究員  表 昌佑
コース:T-5-2-6 ロボット通信セッション
11:10-11:40「ドローンの見通し外運用を支援するワイヤレス技術 ~マルチホップ中継制御通信システム/ドローン位置情報共有システム~」
ワイヤレスシステム研究室 研究員  加川 敏規
コース:T-5-4-4 Flexible Factory:ワイヤレスで支える製造現場
13:30-13:50「Flexible Factory ~工場IoT化に向けての無線通信技の活用~」
ワイヤレスシステム研究室 主任研究員  板谷 聡子
  • 2018年4月17日

「第21回無線パーソナルマルチメディア通信国際研究会議(WPMC2018)」開催

NICTは、2018年11月25日(日)~28日(水)の4日間、タイ国チェンライ市にて「第21回無線パーソナルマルチメディア通信国際研究会議(WPMC2018)」を開催いたします。

現在、論文募集中です。

Call For Papers

Deadline for Special Session and Tutorials Proposal: May 1, 2018

Deadline for other Submissions: July 31, 2018

皆様のご参加をお待ち申し上げています。