トップページ 組織紹介 組織紹介トップ ニュース・イベント情報 宇宙通信システム研究室 ワイヤレスシステム研究室 鹿島宇宙技術センター 研究紹介 研究紹介トップ プロジェクト一覧 研究者 成果 成果トップ 刊行物・公開資料 公開動画 FFPJ公開資料 「衛星通信と5G/Beyond 5Gの連携に関する検討会」報告書 技術移転 報道発表 受賞・表彰 あなたとつくる あなたとつくるトップ 技術をつかう 共同研究・連携 採用情報 施設見学 バーチャル展示室 主催イベント Web Cafe ブログ Instagram Twitter 所在地 所在地トップ ワイヤレスネットワーク研究センター NICT本部 鹿島宇宙技術センター 関連リンク 工場向けワイヤレスIoT講習会 スペースICT推進フォーラム(SPIF) お問合せ NICT TOP ×

ローカル5Gシステムと応用

5Gをもっと身近に ~公衆の無線ネットワークとローカル5Gをシームレスにつなぐ~
HOME バーチャル展示室 ローカル5Gシステムと応用  印刷

ローカル5Gとは、携帯通信網などの公衆ネットワークとは異なり、個人や企業、自治体などが、ある特定のエリアに対し、そのエリアのニーズに応じて5Gの性能を取り込んだ独自のサービスを提供するものです。

列車や自動車など、高速の移動体にローカル5Gで情報配信サービスを提供する場合、現状では、公衆網からローカル5Gへの切替えに時間がかかるため、サービスの提供を受ける前にエリアを通過してしまったり、切替時に接続が切れたりして、安定した利用ができないといった課題がありました。

NICTは、従来4分以上かかっていたこの切替時間を、平均5秒以下、最大でも10秒程度に短縮できるアシストセル技術を開発し、JR東日本 烏山線(栃木県)を走行するACCUM(蓄電池駆動電車)の営業車両を用いた実験を行い、実証に成功しました。

ローカル5Gの実現に向けては設備投資にかかるコストや規格化などの課題がありますが、NICTは、装置の小型化などにより将来的にはスマートフォンにも実装できるよう、研究開発を進めています。

アシストセル技術を採用したローカル5Gシステムの利用イメージ(高速道路での利用)
図:アシストセル技術を採用したローカル5Gシステムの利用イメージ(高速道路での利用)
利用シーン 屋内(オフィス、工場、学校、ショッピングモールなど)、高速道路のサービスエリア、鉄道、駅、空港、駐車場、農地、牧場など
キーワード #ローカル5G #エリア限定 #マイクロセル #自営網 #セキュリティ #移動通信 #シームレス
知財情報 特許取得済
関連リンク

公衆網から自営網へスムーズに無線ネットワークを切替える技術の実証実験に成功(プレスリリース)

ローカル5Gシステムと応用(技術解説)

お問合せ wl-publicity@ml.nict.go.jp

実物を見たい

資料がほしい

技術を使いたい

一緒に研究したい

CONTACT

お問合せ

ワイヤレスネットワーク研究センターに関するお問合せは、専用のお問合せフォームからご連絡ください。

TOPへ戻る