トップページ 組織紹介 組織紹介トップ ニュース・イベント情報 宇宙通信システム研究室 ワイヤレスシステム研究室 鹿島宇宙技術センター 研究紹介 研究紹介トップ プロジェクト一覧 研究者 成果 成果トップ 刊行物・公開資料 公開動画 FFPJ公開資料 「衛星通信と5G/Beyond 5Gの連携に関する検討会」報告書 技術移転 報道発表 受賞・表彰 あなたとつくる あなたとつくるトップ 技術をつかう 共同研究・連携 採用情報 施設見学 バーチャル展示室 主催イベント Web Cafe ブログ Instagram Twitter 所在地 所在地トップ ワイヤレスネットワーク研究センター NICT本部 鹿島宇宙技術センター 関連リンク 工場向けワイヤレスIoT講習会 スペースICT推進フォーラム(SPIF) お問合せ NICT TOP ×

Beyond 5G/6G時代のNon Terrestrial Network

地上から海、空、宇宙空間までを3次元的につなぐ通信ネットワーク
HOME バーチャル展示室 Non Terrestrial Network  印刷

NICTは、Beyond 5G/6Gといった次世代の移動通信システムの到来に向けて、衛星通信システムと地上通信システムを連携させ、「宇宙から地上までが多層的に接続されるネットワーク」の実現に取り組んでいます。

Non Terrestrial Network(NTN:非地上系ネットワーク)は、通信衛星だけではなく、HAPS*1と呼ばれる高高度通信プラットフォームやドローン、船舶など、地上の移動体に限定せず、海や空、宇宙に至るすべての移動体を多層的につなげるシステムです。このシステムが実現すれば、飛行機や船におけるインターネット利用だけではなく、物流やIoTなどの新しいユースケースの実現が可能になります。

NICTは、NTNを実現する基盤技術の一つとして、衛星との高速・大容量通信を可能にする小型の平面アンテナ(AESA*2)を開発し、実際の航空機に搭載して性能評価を実施しています。このアンテナは非常に薄く、小型や中型の航空機にも機体に合わせて搭載することができます。

*1 HAPS:High Altitude Platform System

*2 AESA:Active Electronically Scanned Array (電子走査アレイアンテナ)

本研究の一部は、総務省「電波資源拡大のための研究開発(JPJ000254)」の「小型旅客機等に搭載可能な電子走査アレイアンテナ(AESA)による周波数狭帯域化技術の研究開発」で実施しているものです。

Non Terrestrial Networkのイメージ
図:Non Terrestrial Networkのイメージ
利用シーン 宇宙通信、成層圏プラットフォーム、ドローン、航空機、洋上船舶など
キーワード #宇宙通信 #衛星通信 #HAPS #移動体通信 #ドローン #航空機 #海上通信 #成層圏プラットフォーム #静止衛星 #NTN #衛星5G #sat5g #船 #IoT #物流 #ネットワーク #セキュリティ
知財情報 なし
Photo & Video Gallery
開発した航空機用小型平面アンテナ「AESA」(プロトタイプ)
開発した航空機用小型平面アンテナ「AESA」(プロトタイプ)
お問合せ wl-publicity@ml.nict.go.jp

実物を見たい

資料がほしい

技術を使いたい

一緒に研究したい

CONTACT

お問合せ

ワイヤレスネットワーク研究センターに関するお問合せは、専用のお問合せフォームからご連絡ください。

TOPへ戻る